post

チョコ・コロネかと思いきや、まさかのクロワッサン!?


世界遺産に登録されたウルグアイ最古の街の一つ、コロニア・デル・サクラメント

05DSC_0935z

郷土菓子を探してみるも、そこには1〜2軒のパティスリーがポツンとあるだけの、小さな小さな街です。

そんな中、今回出会うことのできたウルグアイの郷土菓子が、こちらの「Canoncitos/カノンスィートス」

DSC_0258z

ぱっと見は、日本で定番のチョコ・コロネにそっくりですが、なんとこれが全くの別物。

ヨーロッパ移民が持ち込んだお菓子として、南米各地ではクロワッサンをよく目にしますが、「カノンスィートス」はそのクロワッサン生地を筒状に巻きつけて、コロネ型に焼成するお菓子全般を指します。

そして筒の中は、甘いクリームだけでなく、チーズやチョリソーなどを入れるなど、様々なスタイルがあるのだそうです。

DSC_0334z

そして今回私がトライしたのは、「Canonsitos con Dulce de Leche /カノンスィートス コン ドゥルセ・デ・レチェ」(一個 $10 ≒¥35)。そう、筒の中に、南米の定番クリーム「ドゥルセ・デ・レチェ」を入れたタイプのものです!

※「ドゥルセ・デ・レチェ」の詳細は↓コチラ
*世界の郷土菓子* ペルーの「Alfajores/アルファフォーレス」
 

DSC_0343a

表面の装飾に使われているのは、ビターチョコレート(粉糖の場合もあるそうです)。クロワッサン生地がサクサクしていて、ある程度厚みもあるので、手のひらサイズながらも食べ応え十分!
 

…それにしても、ペルー→ボリビア→パラグアイ→ブラジル→アルゼンチンと移動してきて、南米はどこに行っても本当にドゥルセ・デ・レチェだらけ。

さすがに飽きたんじゃない?…と言われそうですが、これが不思議なことに、南米の気候や空気感に合うのか…この頃の私は、もはや積極的にドゥルセ・デ・レチェを欲する身体に(笑)

DSC_0238cz

加えて、今回トライしたカノンスィートスは、ビターチョコレートのほどよい苦さが利いていて、甘〜いドゥルセ・デ・レチェとの相性抜群!

本来は甘味の王様であるチョコレートが、ドゥルセ・デ・レチェの甘さを中和する役割に使われているという、実は見た目とは裏腹に、ユニークでなかなか奥深い郷土菓子なのでした♪

あや
 


【今回「Canonsitos/カノンスィートス」を購入したお店はコチラ】

DSC_0217z

パナデリア・ラ・アストゥリアーナ/PANADERIA LA ASTURIANA
住所:Calle 18 solio,Colonia del Sacramento,Uruguay
HP:http://www.laasturiana.com.uy/index.php


________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。