post

世界各地に存在するビスコチョだけど、さてウルグアイでは…


ウルグアイの世界文化遺産の街、コロニア・デル・サクラメント。前回紹介したCanoncitos/カノンスィートスに続き、今回はこの街で出会ったもう一つの小さなお菓子「Biscocho/ビスコチョ」について。

DSC_0302b1y

「Biscocho」とは、スペイン語で「スポンジケーキ」のこと。

しかし、スペインがもたらし、南米各地に広がったビスコチョは、スポンジケーキだけでなく、次第にパンやケーキ、クッキー類などお菓子全般のことを指すようになり、今では南米各国・各地域、宗教などによって、その意味合いはさまざま。

DSC_0201z

ここウルグアイでは、主にバターを含んだ甘い焼き菓子のこと「ビスコチョ」と呼ぶようです。

DSC_0313z

今回、コロニア・デル・サクラメントで購入したビスコチョ(一個 $10 ≒¥35)には、やはり南米お馴染みの「ドゥルセ・デ・レチェ/Dulce de Leche」がサンドされていました!

※「ドゥルセ・デ・レチェ」の詳細は↓コチラ
*世界の郷土菓子* ペルーの「Alfajores/アルファフォーレス」
 

DSC_0361y

それほどバターの香りは感じられませんでしたが…全体的にサクサクしていて、特に上部のアーモンドの歯ごたえがアクセントになっています。

南米の郷土菓子にしては珍しく、ドゥレセ・デ・レチェの使い方は控え目で、どうやら生地自体を楽しむお菓子のようです!

DSC_0287z

見た目も味わいもとっても素朴で、どこか懐かしい気持ちに。木漏れ日の差し込むコロニア・デル・サクラメントの昼下がり……頂くお菓子もさらに美味しく感じたのでした♪

あや
 


【今回「Biscocho/ビスコチョ」を購入したお店はコチラ】

DSC_0217z

パナデリア・ラ・アストゥリアーナ/PANADERIA LA ASTURIANA
住所:Calle 18 solio,Colonia del Sacramento,Uruguay
HP:なし


________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。