post

「イグアスの滝」の全体像を見られるという、“ブラジル側の眺望”やいかに…


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、フォス・ド・イグアスに滞在した私たち。

DSC_1108

フォス・ド・イグアスといえば、1986年に登録されたユネスコの世界自然遺産「イグアス国立公園/Parque National do Iguacu」への拠点となる街。
 

0DSC_0744

そして、イグアス国立公園の象徴といえばなんといっても、世界三大瀑布の一つ「イグアスの滝/Cataratas do Iguacu」

…というわけでもちろん私たちも、イグアスの滝を目指すわけなのでありました!


ちなみに、世界三大瀑布のほかの2つは、

niagara-falls

「ナイアガラの滝」(アメリカ〜カナダ)と、

IMG_3905

「ヴィクトリアの滝」(サンビア〜ジンバブエ)。
 

夫はこの2つの滝にはすでに訪れたことがあるので、今回でついに、

世界三大瀑布を訪ねる旅、「完」!

…ということで、なかなか感慨深いものがあります。

しかもイグアスの滝は、ヴィクトリアの滝と並ぶ“世界最大の滝”だというから、それはもう、感動のフィナーレを期待してしまうのでありました。


・・・さて、いよいよフォス・ド・イグアスから、イグアス国立公園へ向けて出発。

DSC_0721

フォス・ド・イグアスの中央バスターミナルからバスに乗車。

DSC_1053a

所要約45分で、イグアス国立公園のエントランスに到着します。(フォス・ド・イグアスは拠点なのに、けっこう遠い…)

DSC_0726

販売所でチケットを購入。入園料は一人R$57.30 ≒¥1,719。

DSC_1051

すぐに滝が見られるかと思いきや、国立公園内でさらにバスに乗車。

どんだけ広いんだ!って話しですが、国立公園の広さは18万5,000haだそうです。はい、大きい数字すぎて、もはやよくわかりません。

DSC_0727

走ること約15分、「The Path of The Falls Stop」という停留所で下車。イグアスの滝を見学する人は、大体ここで降りるのだとか。

フォス・ド・イグアスを出発してから、なんだかんだと1時間以上かかってしまいましたが、さぁ、ようやくイグアスの滝とご対面です。
 



・・・と、その前にキホン情報。

DSC_0078

イグアスの滝は、ブラジルとアルゼンチンの国境にまたがっていて(ブラジル20%:アルゼンチン80%)、もちろんどちらの国からも見学できますが、その見え方は大きく変わります。
 

それぞれの特徴を簡単に言えば、

ブラジル側からは、滝の全体を眺めることができる

アルゼンチン側からは、滝を間近に眺めることができる

…といったカンジなのだとか。
 



そんな前提を踏まえ、今回はブラジル側からの観賞です。

さてさて、そのお姿やいかに…

DSC_0746

勿体振ることなく、唐突に滝の全体像が現れるのでドキッ!

DSC_0765

遊歩道を歩いて、どんどんと滝の近くへと向かって行きます。

DSC_0767

激しい水流のため、滝つぼの水が上空まで、霧のように舞い上がっているのがわかります。

DSC_0770

大小約300の滝からなるイグアスの滝。道すがら、こんな風景が続いていきます。

DSC_0787

イグアスの滝の中でも最大級の滝「悪魔ののど笛」が見えてきました!

DSC_0790

滝の上に作られた遊歩道を進んで行きます。

DSC_0797

「悪魔ののど笛」の方から引き返して来る人は、みんな全身ずぶ濡れ!

DSC_0800

さぁ、段々とメイン級の滝たちが迫ってきました。

DSC_0813

この通り、もはやちょっとでもシャッターを切るのが遅れると、カメラのレンズも水浸し!

DSC_0817

さらに、どんどんと…

DSC_0823

遊歩道を進んでいくと…

DSC_0834

虹が架かっていましたーーー!
 

DSC_0855

水浸しになりながらも、しばらく見惚れてしまうこの景色。

DSC_0888

ちなみに、「悪魔ののど笛」はこの奥ですが、 水しぶきでもはや何も見えません。
 

↓当日の動画がこちら↓

 

DSC_0971展望台もあって、より滝を間近に見ることもできます。アルゼンチン側に行かなければ滝の近くには行けない、というわけではないのですねぇ。

DSC_0905

近い!

DSC_0943

近い近い!  

DSC_1029さらに、最上階へと行きまして…

DSC_1010

眼下に見える遊歩道が、先ほど虹を見たスポットですね。

DSC_1020 そして見渡せば、この雄大な景色!
 

これぞ、最強の絶景スポットだ!!

 

・・・と、言いたいところだけど、正直、そこまで心を奪われなかった私たち…(苦笑)

こうして写真を見返してみると、写真映えするというか、実際よりも迫力あるように見えるな〜という気がします。

いや、もちろん贅沢なコトだし、私たちが “世界最大の滝"の妄想を勝手に膨らましていただけなんですが、期待していたほどの迫力はなかったよね?…というのが、夫婦共通の正直な感想でした。

IMG_0510

今回「イグアスの滝」を訪ねた時期(2月中旬)は、まだ水量も少なくない方だと思うのだけど、乾季で水量の少なかった「ヴィクトリアの滝」(上の写真)の方が、それでも圧倒的に迫力があったように思うなぁ…[by 夫]
 

そう考えると、もしかしたら滝の「落差」が、その印象を左右しているのかも?


滝の「幅」については…

1位=イグアスの滝(2,700m)
2位=ヴィクトリアの滝(1,708m)
3位=ナイアガラの滝(1,203m)

…と、イグアスの滝がぶっちぎりなのですが、
 

それに対して、
滝の「最大落差」については…

1位=ヴィクトリアの滝(108m)
2位=イグアスの滝(82m)
3位=ナイアガラの滝(51m)

…と、こちらはヴィクトリアの滝がぶっちぎりなのですね。



・・・だとしても、

こんなもんじゃないだろ、イグアスの滝!!

これで世界三大瀑布を訪ねる旅、「完」…なんてできるかー!
 

…というわけで思い切って、アルゼンチン側からも見学することを決めた私たちなのでした。

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。