post

単なるチョコ・クロワッサンと思いきや……これぞユダヤ人の伝統菓子!?


前回の「旅の日記」では、“世界の縮図” と呼ばれる世界遺産・エルサレム旧市街について綴りましたが・・・

07bDSC_0223b

城壁の外に出た旧市街の周辺には、どのような世界が広がっているかというと・・・

DSC_0850z

旧市街の北東に広がる「東エルサレム」には、ムスリムが多く暮らし、

DSC_0758z

一方で、旧市街の西に広がる「西エルサレム」は、ユダヤ教徒が多く暮らす地区となっています。

Exif_JPEG_PICTURE

西エルサレムは「新市街」とも呼ばれ、旧市街とは打って変わって、近代的なショッピングモールが立ち並ぶ、洗練された街並み!

しかし、そのすぐお隣の区画に一歩足を踏み入れると・・・

DSC_0814

・・・そこには「メア・シェアリーム/Mea Shearim」という、“正統派ユダヤ人” と呼ばれる人々だけが暮らすエリアがありました。

正統派ユダヤ人とはつまり、ユダヤ教の聖書の律法を、忠実に守って暮らす人々のこと。

DSC_0898

道行く人々は男性も女性も皆、ユダヤ教の伝統的な衣装を身に纏い、外国人が立ち入ってよいものなのか?…と、思わず躊躇してしまうほど、独特な雰囲気に包まれています。

DSC_0845

そして、そんなユダヤ人地区でよく見かけるのが、こちらのお菓子。一見、チョコ・クロワッサンと見紛いそうですが、なんと歴としたユダヤ人の郷土菓子なのだとか!

DSC_0919

その名も「Rugelach/ルガラー」(一個 1.20NIS ≒¥35)。

イディッシュ語(中東・欧米に住むユダヤ人の言語)で「小さなクルクル巻き」という意味の、キュートな名前のこのお菓子。

DSC_0925

食べてみると、なんと生地は「パン生地」ではなく「焼き菓子の生地」に近く、中にはチョコレートが入っていて、甘さがちょうどよく、いくらでも食べられちゃいます♪

サクサクしているものからソフトなものまで、生地のバリエーションは豊富。フィリングも、チョコレート以外にクリームチーズ・ジャム・シナモンシュガー・ドライフルーツなど多岐に渡るそうです。

DSC_0930

このルガラーの起源を調べてみると、元々は、ユダヤ教の祭日である「ハヌカ/Chanukkah」の期間に食べられるお菓子だったのだとか。

ハヌカとは例年、キリスト教の祭日であるクリスマスとほぼ同時期に祝われる、ユダヤ教徒にとって最も大切な祭日のひとつ


そのルーツを紐解いていくと・・・

紀元前2世紀、ギリシア人に占領されていたエルサレム神殿を、ユダヤ教徒が奪回。

しかしいざ神殿に戻ってみると、ギリシア軍によるユダヤ教弾圧の一環として、神殿のメノラー(燭台)を灯す油壺は、皆汚されていました。

chanukah-1413584

そんな中、たった一つだけ、被害を免れた油壺を発見!

しかもその油壺に入った油は、一日分にも満たない量だったのにも関わらず、灯してみるとなんと、8日間も燃え続けたのだとか。

この奇跡を記念して、別名「光の祭り」とも呼ばれるハヌカは、8日間続く祭日となったのだそうです。

DSC_0879

・・・と、そんなストーリーを調べていたら、次はハヌカの期間に訪れ、ルガラーでいっぱいになるであろうイスラエルの街を歩いてみたい!

……と思うとともに、

流浪の民とよばれ、イスラエルだけでなく、今も世界各地で暮らすユダヤの人々。ということは、地域によってまたひと味違ったルガラーがあるのかな…と、また新しい興味が芽生えてしまったのでした♪

あや
 


【今回「Rugelach/ルガラー」を購入したお店はコチラ】

DSC_0852

ヌアマ/Nama
住所:※イディッシュ語のため解読できず、、、
HP:なし


________________________





2 thoughts on “*世界の郷土菓子* イスラエルの「Rugelach/ルガラー」

    • ありがとうございます!

      メア・シェアリームは、これまで訪ねたどんな街よりも、独特な雰囲気でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。