post

サクサクのパイ生地の中に隠れていたのは、なんとグアバ・ジャム!


南米諸国と同様に、キューバの人々にもとっても愛されている果物「グアバ/Guayaba」

00dsc1920

羊羹のように固めたグアパ・ペーストやグアバ・ジャムなど、ハバナを歩いているとグアバを使った商品をよく目にします。

※ グアバの詳細は↓コチラ
*世界の郷土菓子* コロンビアの「Bocadillo /ボカディージョ」


そして、とあるパティスリーを覗いてみると、やっぱりありました、グアバのスイーツ!

01dsc_0649

それがこちらの「Pastel de Guayaba/パステル・デ・グアヤバ」(一個3CUP ≒¥14)。

私が食べたものは、パイ生地ベースで三角の形をしていまして・・・

02dsc_0707

・・・エンパナーダ/Empanadaのようなスタイルで、中にグアバ・ジャムが入っていました!

グアバ・ジャムは酸味が効いている上に、入っている量もちょうど良いので、甘すぎず、パクパク食べられます♪


******

ちなみに、なんとデコレーションケーキにもグアバ・ジャムをサンドしていました!

03dsc_0474

↓↓↓

04dsc_0472

↓↓↓

05dsc_0989

↓↓↓

06dsc_0142

・・・いやはや、ここまでグアバ尽くしとは、なんとも驚きです(笑


******

トロピカルフルーツでありながら、さほど甘みの強くないグアバは、決して扱いやすいものではなく、世界的にみればまだまだ一般的な果物とはいえません。

しかし、グアバの産地である中南米では、前述のとおりジャム・ペースト・ゼリーなど、その加工技術が発達。そしてその影響はスイーツにも波及し、バリエーションに幅を与えてきました。

今回紹介した、パイ生地のお菓子であるパステル・デ・グアヤバも、元々は西欧からやってものと考えられますが、しかし、グアバの加工品を取り入れることで、やはりあくまでも、“キューバの郷土菓子”として生まれ変わっています。

07dsc_0635

フランス菓子を学んでいた私にとっては、お馴染みのスイーツが、中南米では想像もしていなかった変化を遂げていることに、自分の中では毎度パラダイムシフトの連続!笑

そのため頭の中は常に忙しいのですが、これこそが、中南米の郷土菓子を巡る旅の醍醐味だなぁ…と改めて感じた、今回のパステル・デ・グアヤバとの出会いでした♪

あや
 


【今回「Pastel de Guayaba/パステル・デ・グアヤバ」を購入したお店はコチラ】

dsc_0611

スレイディス/Suleidis
住所:Lealtad ♯402, San Rafael & San Jose, La Habana, Cuba
HP:なし


________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。