post

日本の最中(もなか)のルーツも、やっぱりポルトガル!…かも??


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、私たちがコインブラからやって来たのは・・・

12dsc16_filtered

・・・“ポルトガルの水の都”とよばれるアヴェイロ。この街には、まるで日本の最中のようなお菓子がある!…というウワサを聞きつけて、やって来たのであります。

宿泊しているコインブラから日帰りでやって来たので、果たして日が暮れる前に見つけることができるのか……と、心配していたのですが・・・

dsc_0356z

zzzdsc_0313

・・・と、こんなカンジで、街中にはまさに最中を思わせるお菓子の看板だらけ!

00dsc_0336

・・・というわけで心配をよそに、パティスリーであっさり出会うことができました♪ その名も「Ovos Moles/オヴォシュ・モーレシュ」

カタチはいくつかバリエーションがあって・・・

dsc_0380_filteredz

dsc_0385_filteredz

dsc_0384_filteredz

dsc_0382_filteredz

・・・というように、なるほど漁業が盛んな水郷都市らしく、魚や貝など海産物がモチーフになっています。

dsc_0378_filtered

でも、その中にあって、一体これはなに?…というカタチのものもありまして・・・

dsc_0350_filtered

なんとこれ、ワイン樽を模したものなのだとか! 運河の街のアヴェイロにはかつて、船でたくさんのワイン樽が運び込まれてきたのだそうです。

そういえば、ここから北に電車で1時間も行けば、ポート・ワインの産地、ポルトがありますもんね〜。

dsc_0353_filteredzz

そんなわけで、大体どこのパティスリーに行っても、お土産用の小さなワイン樽がこうして並んでいます。

ただ、お店の方曰く、これは単なる飾りではなく、あくまでも「オヴォシュ・モーレシュ入れ」なのだとか! お菓子を入れる専用の器があるなんて、さすがポルトガル(笑)

dsc_0321_filteredzz

それでは実際に購入してみよ〜!…としたところ、衝撃的な事実に気付いたのです。それは、なんと量り売りが基本で、10〜20個単位で購入するのが当たり前だということ!

一つの大きさが手の平サイズとはいえ、それはちょっとな〜…と警戒して、お店の方にお願いして、6個(一個 €0.50~0.70 ≒¥63~88)だけ購入させてもらうことにしました。

というのも、中にはきっと……アレが詰まっているに違いないので・・・

dsc_0342

・・・そう、やっぱり詰まっていました! オヴォシュ・クリーム!!

ポルトガルのお菓子には必ずと言っていいほど、この激甘の卵黄クリームが使われているので、買うときの量には注意しなければいけないのです〜汗

……とはいっても、ポルトガルに1週間以上滞在して、あちこちで郷土菓子を食べていると、不思議なことに段々と病み付きになってくるのも事実だけど(笑

dsc_0340_filtered

食べてみても、本当に最中にそっくりで、中身が餡子からオヴォシュ・クリームに入れ替わっただけといってもよいくらい。

オヴォシュ・モーレシュは、ここアヴェイロの「旧イエス修道院」の修道女たちの手によって、15世紀に生まれたものだそうですが、日本で最中の原型が考案されたとされるのは江戸時代(17〜19世紀)。

これまで紹介してきた金平糖一六タルトのように、もしかしたら最中のルーツも、ポルトガルにあるのかもしれません♪

あや
 


【今回「Torta de Azeitao/トルタ・デ・アゼイタオン」を購入したお店はコチラ】

dsc_0319z

コンフェイタリア・アヴェニダ・パステラリア・ラモス
/ Confeitaria Avenida Pastelaria Ramos

住所:Av.Dr.Lourenco Peixinho, 3800 Aveiro, Portugal
HP:http://www.pastelariaavenida.pt/


________________________





2 thoughts on “*世界の郷土菓子* ポルトガルの「Ovos Moles/オヴォシュ・モーレシュ」

    • ルーツだという史実は残っていないようなのですが、あまりにもそっくりだったので、きっと何かしらの繋がりはあるんじゃないかな〜と思いましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。