post

愛媛の銘菓「一六タルト」のルーツも、やっぱりポルトガルだった!


柚子風味の餡を、薄く焼いたカステラ生地で巻いた、愛媛の銘菓 「一六タルト」をご存知でしょうか??

見かけは “ロールケーキ” なのに、何故 “タルト” と呼ぶのか? 兼ねてから気にはなっていたのだけど……その秘密はなんと、ここポルトガルにありました!

dsc_0656_filtered

ポルトガル中部のアゼイタオンと街で生まれたとされる、「Torta de Azeitao/トルタ・デ・アゼイタオン」(一個 €1.8 ≒¥227)。

dsc_0719_filtered

ミニサイズのロールケーキ状のこの郷土菓子……中身はやっぱり、ポルトガルのお菓子に欠かせないオヴォシュ・クリームが入っていました♪

dsc_0704_filtered

食べてみると、全体的にシロップが丁度よく染み込んでいて、しっとりとした仕上がり。見た目も味わいも素朴だけど、甘さのバランスが丁度よく、ペロリと食べられてしまいます。


・・・さて、そんな「トルタ・デ・アゼイタオン」ですが、その昔、コンフェイトなどと同じように、南蛮菓子として日本へと伝わって来ました。

999c89_m

そして1647年、現在の愛媛県である伊予松山藩の藩主が、長崎でトルタ・デ・アゼイタオンを味わったところ、その美味しさに感動し、松山へと持ち帰った。

それがきっかけで、トルタ・デ・アゼイタオンを再現したお菓子が松山で作られるようになり、これが後に、愛媛の銘菓「一六タルト」として、その名が全国に知られようになったのだとか!

なお、当時ポルトガルから伝わったトルタ・デ・アゼイタオンの中には「ジャム」がサンドしてあったそうですが、一六タルトの中身は柚子風味の「餡」。これはなんと、かつての松山のお殿様によるアイデアだったのだとか!

ほかにも、食べやすくするために、食べ切りサイズにスライスするなどの工夫がなされていて、やはり日本のアレンジ力には目を見張るものがあるな〜と、改めて感心なのです。


次回ポルトガルを訪れる際には、一六タルトを携えて来なければ! ポルトガルの人々に「餡」の入ったトルタ・デ・アゼイタオンを味わってもらったら、一体どんな反応をするのか気になるところです♪

あや
 


【今回「Torta de Azeitao/トルタ・デ・アゼイタオン」を購入したお店はコチラ】

10dsc_0751_filteredc

コンフェイタリア・ナシオナル /Confeitaria Nacional
住所:Praca da Figueira18-B, 1100-241, Lisboa, Portugal
HP:http://www.confeitarianacional.com/pt/


________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



2 thoughts on “*世界の郷土菓子* ポルトガルの「Torta de Azeitao/トルタ・デ・アゼイタオン」

  1. たまたま先週お土産に「一六タルト」をもらって味わったところです。面白い偶然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。