post

アルゼンチーナは、ドイツ由来の菓子パンが大好き!?


アルゼンチンではパンの種類が豊富で、特に菓子パン全般のことを「ファクトゥーラ/Factura 」と呼び、朝食やオヤツとして頻繁に食べられています。

その中で、代表的な菓子パンを見つけました!

DSC_0503

今回紹介するのは、アルゼンチン風クロワッサン「Medialuna /メディアルナ」
 

DSC_0517

ブエノスアイレスのベーカリーでは必ずと言ってよいほど目にするこのパン。初めはクロワッサンかな?…と思ってましたが、店員さんに聞いてみたところ、アルゼンチンの代表的な菓子パンの一つなのだとか。

「メディアルナ」とは、スペイン語で「半月」の意味。パンのカタチがそのまま名前の由来となっています。

DSC_0724

ひと口にメディアルナといっても、色々な種類があるのですが、まずは、その中でも最も代表的な「メディアルナ・マンテカ/Medialuna Manteca」(一個 $10 ≒¥80)をトライ。

「マンテカ」=「バター」をたっぷりの使ったタイプのメディアルナです。
 

DSC_0770

見た目はあくまでもクロワッサンにソックリなのですが、実際に食べてみると…

DSC_0750

ふんわり、しっとりしていて、ほんの少し甘い…クロワッサンのようにパリパリとした層にはなっていないのです!

ほんのり甘いだけなので、中に甘いクリームを入れたり、サンドイッチ用に使われたりもするのだとか。
 

DSC_0730

他にも、「メディアルナ・デ・グラッサ /Medialuna de Grasa」(一個 $10 ≒¥80)と呼ばれる、細長いタイプもあって、こちらは全く甘くなく、むしろ塩気を感じます。

これらを総称して「ファクトゥーラ」、つまり 「菓子パン」と呼んでいるあたり、日本人がイメージする「そのまま食べても甘いパン=菓子パン」の方程式とは、少し違いますね。
 

DSC_0506

ちなみに、ブエノスアイレスにはピザやパスタのお店が非常に多く、イタリアの食の香りが街中に漂っています。そのため、「ファクトゥーラ」もイタリアがルーツなのかな?…と思いきや、なんと元々はドイツ移民が持ち込んだものなのだとか!

確かに、ドイツといえば世界屈指のパン大国。そしてここアルゼンチンは、イタリア移民のみならず、ヨーロッパ移民の国。

イタリア、ドイツ…様々な国の「美味しいトコ」を取り入れたアルゼンチンの食文化に、改めて感心するのでした。

あや
 


【今回「Medialuna /メディアルナ」を購入したお店はコチラ】

DSC_0522

コンフィテリア・デルガド/Confiteria Delgado
住所:Avenida Corrientes 4631,Buenos Aires,Argentina
HP:http://www.confiteriadelgado.com.ar/


________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。