post

長い期間をかけて世界一周するには、どんなモノが必要になる??

旅するパティシエ, 旅する本屋 の「旅の準備のススメ」。ここまでは、「目標」「期間」「ルート」「予算」を決めることついて綴ってきました。

【旅の準備】STEP.1 目標を決める
【旅の準備】STEP.2 期間を決める
【旅の準備】STEP.3 ルートを決める
【旅の準備】STEP.4 予算を決める


STEP.5では私たちなりの、「旅の持ち物」についてまとめていきたいと思います。


以前の記事で書いたとおり、私たちは旅行期間を半年以上~1年未満に設定しました。

「それくらいの期間になると、それはそれは荷物が多くて大変でしょ〜」

…とよく言われますが、逆です!!
 

期間が長くなればなるほど、荷物は少なくなっていきます。なぜなら、長く海外に出掛けるということは、旅」がより「生活」に近くなっていくということなので、特に消耗品は現地調達を前提としないと成り立たないんですね。

インド長期旅行の際はまさに「生活」でした

例えば、1〜2ヶ月の個人旅行、特にバックッパッカーとして旅する場合には、私たちもシャンプーやウェットティッシュなど主に衛生用品を十分に用意して、旅に出掛けていました。

しかし、1年ともなると、その調子で準備を進めてしまうと、それこそスーツケース一人あたり2つは持っていかねばなりません。そんな大荷物で旅していたら、あっという間に疲れてしまいますし、なによりもドロボーくんたちの格好の餌食になりますよね(苦笑

なので、持っていく物は必要最低限(コンタクトレンズなどデリケートな医療品関係は、日本ですべて揃えていくのがよいとは思います)。バックパックひとつに、余裕で収まるくらいにまとめます。
 

「しかし、現地でそんなにスムーズに生活用品なんて手に入るもんかね〜」

…ともよく言われますが、手に入ります!!
 

別に延々と秘境を巡っているわけではないので、自分たちの旅のルートを見極めながら、然るべきトキに然るべきモノをゲットしておけば、問題はないと考えています。そういう意味では、以前の記事に書いたとおり、「旅のルート」の見通しを立てておくのは、本当に大事だと思います。

マラウィの首都・リロングウェの街並み

加えて言えば、いくら日本がずば抜けた先進国だからといっても、そうではない国でも必要最低限のモノは大体揃います。

もちろんそうはいかない国・地域もあることは承知の上で、かつ、決して楽観的に考えているわけでなく、あくまで「旅行できる国」を前提とした実体験で、そう感じています。

夫の体験でいえば、これまで約40ほどの国々を旅している中で、世界的に知られる貧しい国としては、中米のベリーズ・東アフリカのマラウィ・東南アジアのカンボジアなどを訪れています。ですがそれらの国でも、旅する上でモノがなくて困った…ということは、ただの一度もありませんでした。
 

もちろん、多くを望めば“足りない”と感じるのかもしれません。しかし、実際にそこで生きている人、生活している人がいるわけです。その土地に入ったら、その土地の生活スタイルに合わせれば、彼らと同じように「生きること」自体には、なんら不足を感じませんでした。

…というわけで、「モノがある?」という心配も、突き詰めると「ココロの持ちようでは?」…という答えになっていく気がする…という、禅問答的な結論でした(笑


そんなわけで、旅するパティシエ, 旅する本屋 の「旅の持ち物」について以下にまとめました。
 

 

STEP.5 持ち物を決める

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【旅行期間】半年以上~1年未満
【ルート】北米→中南米→ヨーロッパ→中東→アフリカ→アジア

上記の前提を基にして、以下のとおり必要最低限の「持ち物」をまとました。
 

〈 世界一周 持ち物リスト 〉

【 バッグ 】

持ち物個数メモ
バックパック1個/一人なるべく一人1バッグにまとめましょう
バックパックカバー  1個/一人 雨除けはもちろん、盗難防止にちょっとだけ役立つ
デイパック1個/二人トレッキングなどをする際に、小さい目のリュックがあると便利
ショルダーバッグ1個/一人バックパックは宿に置いて、軽装で出掛ける際に便利

【 携行品 】

持ち物個数メモ
めがね
1個/一人夫婦揃って目がよくないもので…
コンタクトレンズ
2week×20セット/一人フルで使い切って約10ヶ月分を用意
コンタクトレンズ洗浄液  
300㎖×3本/一人
上記コンタクトレンズに対応できる量を用意
爪切り
1個/二人
日本の爪切りは最高のクオリティ!…なので事前に用意
腕時計
1個/一人
仮に失くしてもヘコまない、かつ頑丈な時計
携帯電話
1個/一人
SoftBankの「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を利用予定
手帳1個/一人
旅程の確認はもちろん、ちょっとしたメモをする際に便利
ガイドブック
2冊/二人
ウェブでも情報が少ない、アフリカ エリアのみ『地球の歩き方』を購入
お守り
1個/一人
友人から頂いた「旅行安全守り」を肌身離さず持っておくのです

【 衣類 】

持ち物個数メモ
T-シャツ4〜5着/一人
おいおい、現地で購入することになるので最低限の枚数を用意
長袖シャツ
2~3着/一人
スウェット
1〜2着/一人
パンツ
1〜2着/一人
下着
5〜6着/一人
靴下
5~6足/一人
ジャージ1着/一人
以前、夫が南米旅行中に、突如サッカーに参戦した経験から…
パジャマ
1着/一人
寒い国・地域を想定して温かめのものを用意
水着
1着/一人
海がキレイであれば、泳がないわけにはいきません

1足/一人
今回のために、とにかく歩きやすい靴を選びました
サンダル
1足/一人
ゲストハウスなどに宿泊する場合は必需品
ウインドブレーカー 
1着/一人   
スコールのある国では必需品
防寒具
1着/一人
なるべく軽いアウターを用意
帽子
1着/一人
日差しが強い国では日射病に気をつけましょう
コックコート
1着
旅先でスイーツを作るかもしれない、妻が用意

【 生活用品 】

持ち物個数メモ
バスタオル1枚/一人
PackTowlなど、かさばらない速乾性タオルがおすすめ
ハンドタオル  
1枚/一人
洗濯バサミ
8個/二人
少し持っておくだけで、なにかと便利なのです
洗濯ヒモ
1ロール/二人   
タコ糸などでいいので、ヒモを持っておくと物干し以外にもなにかと使えます
歯ブラシ セット    
1個/一人
どこでも買えるけど、旅行序盤に使う用でなるべく簡易なものを
カミソリ
1個/一人  
フォーマルな場に立ち入る可能性も無きにもしも非ずなので、身だしなみ用に…
アーミーナイフ   
1個/二人   
果物を切ったり栓を抜いたり。護身用としても持っておきたいアイテム
寝袋
1個/一人
いざというときのための、緊急用避難として用意

【 その他の持ち物 】

医薬品貴重品電子機器
風邪薬パスポートPC(1台)
頭痛薬世界一周航空券iPad(1台)
消毒薬観光ビザHD(1つ)
虫除けスプレー国際運転免許証カメラ(2台)
虫さされの薬現金充電器
マラリア予防薬クレジットカード万能プラグ
目薬海外旅行保険 証券変圧器(1台)
綿棒予防接種 証明書電子辞書(1台)
絆創膏イエローカードドライヤー(1台)
包帯
体温計

これはオマケですが、日本の味が恋しくなったときのために、「乾燥梅」や「緑茶パック」も少しだけ持っていこうと思っています(笑
 

こうやって持ち物一覧を挙げると多いように見えますが、容量にするとさほど大したものではありません。細かいものが多いので、ポーチなどをうまく使っていかに美しくパッキングするかがポイントになりそうです。

また、携行品・貴重品・医療品あたりは当然マスト アイテムになるので、旅行期間が長ければ長い人ほど、衣類・生活日用品をなるべくコンパクトにまとめたいところですね。


長期旅行を検討されている方にとって、「旅の持ち物」を確認する参考になれば幸いです!

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。