post

『アラビアンナイト』にも登場する、千年の歴史を誇る郷土菓子♪


エルサレムの街を歩いていると、ハルヴァに勝るとも劣らない人気を誇る、とあるお菓子の存在に気付きました。なにやらと〜っても甘そうな、そのスイーツの正体は・・・

Exif_JPEG_PICTURE

中東とバルカン半島でよく見られる、「Kunāfah/クナーファ」という郷土菓子です!

小麦粉と水でできた生地は細麺状が基本で、フィリングの種類や調理法は地域によってさまざま。

イスラエルやパレスチナでは、二層のクナーファ生地で、フレッシュチーズとナッツ類(クルミやアーモンドなど)を挟み、焼き上げに甘いシロップをかけるのが定番です。

DSC_0141

そして、エルサレムから北に約100km……キリスト教の聖地の一つ、ナザレを訪ねたとき・・・

DSC_0047

・・・絶品クナーファに出会うことができました! ちなみに、一個 10NIS ≒¥290です♪

DSC_0032

大きな薄いトレーで調理され、しっかり保温されているので、温かい内に食べることができました!

DSC_0068

シロップが染み込んでいる麺状のクナーファ生地は、ジューシーながらもサクっとした歯応えがあり、とろ~り溶けたチーズとナッツのコンビネーションは癖になりそう!

DSC_0046

日常的に楽しまれるスイーツとしてはもちろん、イスラム教のラマダーン(断食)の期間中にも活躍する(ラマダーンでは夜明け前と日没後に食事をとります)、クナーファ。

そのルーツは、遡ることなんと約千年前! ファーティマ朝の時代に誕生したとされています。

1671745_1920

13世紀半ばのアラビア語の料理書にも言及されていて、なんとあの『千夜一夜物語(アラビアンナイト)』にもしばしば登場しているのだとか!

DSC_0059a

そんな太古の書物にも描かれていた郷土菓子を、こうして現地で味わえるなんて……なんという幸福感♪

次はイスラエルやパレスチナでだけでなく、各国のクナーファを食べ比べしたいな~と、さらに贅沢な夢を思い浮かべながら、ナザレの街を後にするのでした。

あや
 


【今回「Kunāfah/クナーファ」を購入したお店はコチラ】

DSC_0081

アルマハディ・スイーツ/Almahdi Sweets
住所:City Center, Nazareth 16100, Israel
HP:http://www.almahdisweets.com


________________________





One thought on “*世界の郷土菓子* イスラエル・パレスチナの「Kunāfah/クナーファ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。