post

アルゼンチンでは、“お芋のタルト”が定番なのです♪


今回紹介する郷土菓子「Pasta Frola /パスタ・フローラ(Pasta Frolla/パスタ・フロッラ)は、現在は“タルト生地”、“タルトケーキ”として広く認識されています。

DSC_0075a

アメリカ大陸にはイタリア移民によって伝えられたと考えられていて、南米では特に、アルゼンチンやパラグアイでよく見かける郷土菓子。
 

DSC_0765

そして、このパスタ・フローラの具材としてよく使われるのが「ドゥルセ・デ・バタタ/Dulce de Batata」。直訳すると「甘い芋」という意味です。

「バタタ/Batata」はサツマイモの原産地、南米アンデスのタイノ族の言葉で「サツマイモ」を意味し、ドゥルセ・デ・バタタはつまり、サツマイモをペースト状にしてギュっと固めた芋羊羹のようなもの。

Exif_JPEG_PICTURE

アルゼンチンでは、お菓子の材料として定番中の定番です。スーパーにもドゥルセ・デ・バタタがずらり!

実際、パラグアイのパスタ・フローラはグアバジャム入りでしたが、アルゼンチンのパティスリーに並ぶタルトは、そのほとんどがドゥルセ・デ・バタタ入りでした。

DSC_0425

DSC_0429


・・・そしていよいよ、ブエノスアイレスのパティスリーで購入して、実食!!

DSC_0140a

なお、このお店でのお値段は、1ピース $40 ≒¥320でした。

DSC_0149

食べてみると、シンプルな“お芋のタルト”そのもので、どこか懐かしく、私たち日本人にも馴染みのある味わい。

DSC_0175a

また、かなりどっしりとしているので、1ピース食べただけでもかなりの満足感があります。
 

DSC_0105t

ここアルゼンチンでは、季節を問わず通年食されるのが一般的だそうですが、モンブランやマロンパイといった類いのスイーツを彷彿とさせるパスタ・フローラは、日本では秋のお菓子として好まれそうです♪

あや
 


【今回「Pasta Frola /パスタ・フローラ」を購入したお店はコチラ】

DSC_0094a

パナデリア・イ・コンフィテリア  サン・アントニオ/Panaderia y Confiteria San Antonio
住所:C1072AAB, Bernardo de Irigoyen 70,Buenos Aires,Argentina
HP:なし


________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。