post

いよいよリマを散策しながら、郷土菓子さがし♪


旅するパティシエ、体調不良から完全復活!…ということで、早速ペルーの郷土菓子をリサーチの上、まずは世界の郷土菓子として綴っていきます。


ペルーはリマを歩いていると、ほんと~に沢山のスイーツに出会う…想像以上に!!

しかも、雑多なスナック菓子などではなく、「これが “ペルーのお菓子” だ!」…とまるで胸張っているかのように、丁寧にショーケースに並べられています。

sweets-memo002-1

そして、しばらく何軒か見たところで、ペルーならではのスイーツが段々と分かってきました♪

まずは、代表的なお菓子としては「Crema Volteada/クレマ・ボルテアダ」という“ペルー風プリン”があります。

Exif_JPEG_PICTURE

日本のように一人前ずつ作るのではなく、直径30センチ程のリング型で焼くスタイル

見た目にも迫力があり、ちゃんとこんがりカラメルも敷いてあるのです。お店によっては、オーダーするとその場で1ピースずつカットしてくれます。

Exif_JPEG_PICTURE

通常、プリンの基本材料は、卵・グラニュー糖・牛乳(生クリーム)です。

しかしペルーでは、お菓子に「コンデンスミルク」を使うことが主流だそうで、「クレマ・ボルテアダ」 にも、乳製品にあたる部分に「コンデンスミルク」と「エバミルク」の2つが使用されています。

ちなみに、「コンデンスミルク」「エバミルク」も、牛乳を濃縮させたもの。そのため味わいは非常に濃厚で、それがそのまま「クレマ・ボルテアダ」の最大の特徴となっています。

Exif_JPEG_PICTURE

重めにズッシリと焼いた大きな“リング状”のプリンは、まるで南米のパワフルさをそのままに表現しているようでした!

う〜む、プリンひとつ取っても、やはり郷土菓子の世界は奥深いのです。

あや

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。