post

首都・サンチアゴは、他の南米の首都とはどこか違う空気感・・・?

【day】43~44日目
【route】コロニア・デル・サクラメント→ブエノスアイレス→サンティアゴ


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、アルゼンチンはブエノスアイレスから、ウルグアイはコロニア・デル・サクラメントへ、日帰りで訪ねた私たち。

10DSC_0003

コロニア・デル・サクラメントに別れを告げ…

03

…再びブエノスアイレスへと戻ってきました。

そして、疲れ切った身体にムチ打って、翌朝には一路、チリを目指します!
 

南北の長さ約4,300kmに対して、東西の幅は平均で約175kmしかない、細長い国土をもつ国・チリ

Exif_JPEG_PICTURE

太平洋に面するこの国は、日本と並ぶ世界有数の地震大国。記憶に新しい2015年のチリ沖地震では、日本にまで津波が到達しました。

11DSC_0593

 通貨は「ペソ/Peso」で、$.1 ≒¥0.15

公用語は、スペイン語


…という基本情報を踏まえつつ、いざチリの首都・サンティアゴを目指します。

ブエノスアイレスからサンティアゴへ陸路で移動する場合は、長距離バスで約20時間。これまた長〜い道のりですが、私たちは世界一周航空券でこの路線をカバーしていたので、所要約2時間半のラクラク飛行機移動であります。

Exif_JPEG_PICTURE

…とはいえ、前日はAM5:00起きだったにも関わらず、今度はAM4:30起き。もはや気絶しそうだったけど、なんとかブエノスアイレスの「エセイサ国際空港/Aeropuerto Internacional Ezeiza」に到着。

Exif_JPEG_PICTURE

機内であっという間に眠りに落ちるも、飛行時間はわずか2時間半…気付けばサンティアゴの「アルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港/Aeropuerto Intenacional Arturo Merino Benitez」に到着。

04DSC_0857z

眠気をこらえながら、この旅で8カ国目となる、チリに初上陸です!
 

Exif_JPEG_PICTURE

サンティアゴでの宿は、セントロ(旧市街)の少し外れにある「ゲストハウス・メリー/Guest House Mery」(一泊一室 US$34 ≒¥4,080)。

Exif_JPEG_PICTURE

家族経営ならではのアットホームさがステキなのはもちろん、南米のゲストハウスとは思えないほど清潔な宿で、もはや感動すら覚えます。

そんな安心感もあり、ここ数日の強引なスケジュールの疲れがどっと出た私たちは、お昼から夕方まで爆睡……zzz
 

日が沈む前にはモソモソと起き出して、夕飯を食べに近場に繰り出したのですが…

10DSC_0438z

なんだかとっても良い雰囲気の街! うまく表現しにくいのだけど、ほかの南米諸国の首都とは違って、どこかやわらかい空気感が漂うサンティアゴ。

Exif_JPEG_PICTURE

すでに好きになってしまいそうな、この街と人々。始まったばかりのチリの旅だけど、なんだかやたらと良い予感がするのでありました。

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。