post

4日間かけて、アメリカの国立公園を巡ってきました!

【day】3〜6日目
【route】ラスベガス→ザイオン国立公園→ブライスキャニオン国立公園→アーチーズ国立公園→モニュメントバレー・ナバホ・トライバル公園→グランドキャニオン国立公園→ラスベガス


前回の「旅の日記」でお伝えしたとおり、まずは“世界で家族旅行”ということで、アメリカに滞在。そしてそのハイライトとなる、世界遺産・グランドキャニオンを目指して、家族四人で4日間のツアーに参加してきました!

全米で59カ所指定されているアメリカの国立公園の内、グランドキャニオンを中心に、ユタ州・アリゾナ州にある5カ所の公園を4日間かけて巡る旅。

59カ所の内、4日かけて5カ所しか訪ねることができないなんて…アメリカはやっぱり広いのです! もちろん移動は車で、そして一回の移動に2~4時間はかかるわけですが、どんな道のりかというと…

 

…こんなカンジです!!

grandcanyon-1

荒涼とした大地に、どこまでも真っすぐと伸びていく一本道。
なんかのアメリカ映画で見たことがある、あの景色。

車窓に岩山を見つけても、あまりの雄大さにいまいち距離感がつかめず。
遠いと思っていたトコロは近く、近いと思っていたトコロが遠い。


日本人からすると「アメリカ人はおおざっぱだ」なんていう、乱暴な評価も耳にもするけど、これだけ広い大地を走っていると、そして、この土地に生きている人のことを思うと、なんだかその言葉も、自分たちの中で妙に説得力を帯びてくるのです。


…そんなこんなで、ツアーといえどなかなか過酷なアメリカ国立公園巡りの旅(笑
以下のとおり、代表的な公園を訪ねてきました!
 



【1日目】

*ザイオン国立公園
コロラド川の支流・ノースフォークバージン川の侵食によってできたといわれている峡谷。朱色、赤紫色、青緑色などなど、浸食によってできた彫刻模様が鮮やかでした!

grandcanyon-2

grandcanyon-3


*ブライスキャニオン国立公園
ザイオン国立公園とは逆に、上から峡谷を見下ろすことのできる公園。“ピンク層”を中心に広がっているので、夕暮れどきの鮮やかさといったら、それはもう最高でございました。

grandcanyon-4

grandcanyon-5x

 

【2日目〜3日目】

*アーチーズ国立公園
自然にできた、2000以上の赤砂岩のアーチがある公園。世界的にも有名な「デリケートアーチ」はユタ州のシンボルで、車のナンバープレートのデザインにもなっています。

デリケートアーチ

Exif_JPEG_PICTURE

ノースウインドーズ&サウスウインドーズ

grandcanyon-11

バランスロック

grandcanyon-12

パークアベニュー

grandcanyon-13


【3日目】

*モニュメントバレー・ナバホ・トライバル公園
「メサ」と呼ばれるテーブル状の台地が点在していて、まるで記念碑のごとく岩が並んでいるように見えることから“モニュメントバレー”と呼ばれていますが、元々は先住民族である「ナバホ」の聖地。

grandcanyon-14

grandcanyon-15

 

【4日目】

*グランドキャニオン国立公園
コロラド川に沿って約446kmにも及ぶ峡谷で、20億年から2億5千万年前の地球の地層が観察できる公園。言わずと知れた、アメリカを代表する世界遺産でございます!

grandcanyon-16

grandcanyon-17

 



当初のお目当てだった「グランドキャニオン」ももちろん素晴らしかったのだけど、私たちは「モニュメントバレー」に心奪われてしまいました。

なんていうか、写真ではなかなか伝わらないのだけど、他の国立公園とは一線を画す、独特な空気感・世界観がそこには確かに存在していたのです。

そのお話しは、また次回の記事にて……。

 

ちなみに、お宿はこんなカンジの看板が立つ、モーテルなどなど。grandcanyon-18終始、なんかのアメリカ映画で見たことがある、あの世界なのでした。

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。