post

ガラパゴス諸島へ行くための、キトでの準備について、まとめてみた


首都・キトがあまりにも魅力すぎて、うっかり忘れそうになっていたわけですが、私たちがエクアドル入りした目的はあくまでも・・・

DSC_0543a

ガラパゴス諸島に行くこと!

・・・というわけで今回は、ガラパゴス諸島に行くための準備 inキトについて綴っておきたいと思います。
 


ガラパゴス諸島って?

DSC_0508a

エクアドル本土より西岸から約900㎞、東太平洋上の赤道直下にあるガラパゴス諸島。

実は「ガラパゴス諸島」は通称で、正式名称は「コロン諸島」、“コロンブスの群島”という意味。ちなみに、「ガラパゴス諸島」は“ゾウガメの島”という意味であります。

120以上の島々から成るガラパゴス諸島は、総面積約7,880㎢。なんと沖縄県の約3.5倍の広さで、現在では約2.5万人もの人々が暮らしています。

この諸島の名を世界中に知らしめたのが、“ダーウィンの進化論”。イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンの進化論についての著書『種の起源』が1859年に出版され、ガラパゴス諸島に生息する固有種が、一躍脚光を浴びることとなりました。

1978年には、キト市街と同じくユネスコの世界遺産 第一号の一つとして、世界自然遺産に登録、2001年にはガラパゴス海洋保護区まで登録範囲が拡大されました。
 


個人で行く?ツアーで行く?

Exif_JPEG_PICTURE

ガラパゴス諸島へは、飛行機の手配をはじめ個人で行くこともできるけど、到着後は、旅行者は原則、「ナチュラリスト」とよばれる公認免許をもったガイドと一緒でなければ、観光やアクティビティに参加できません

さらに、各島々を見学しようと思ったら、到着後に自分自身で船や車などをその都度手配、もしくは現地で募集しているツアーに申込みをしなければならず、手間も時間も、場合によってはお金も余計にかかるので、結局はキトからツアーに参加してしまうのがベター。

…というわけで私たちは、キトに到着した翌日、ガラパゴス諸島ツアーを扱う旅行会社の多い、新市街へと行ってきました。

3件ほどの旅行会社を回りましたが、料金が相場どおりで、なによりも応対がとっても丁寧だった「エクアドリアン・ツアー/ECUADORIAN TOURS」で予約することに。
 


どうやってツアーを選ぶ?

DSC_0098

ひと口にガラパゴス諸島といっても、島の数は120以上。ただし上陸できるのは16島で、さらに主なツアーで行く島は大体決まっていて、代表的なのは以下の5島です。

■サンタ・クルス島(Isla Santa Cruz)
■サン・クリストバル島(Isla San Cristobal)
■イサベラ島(Isla Isabela)
■フェルナンディナ島(Isla Fernandina)
■サンチアゴ島(Isla Santiago)

でもって、島によって見られる生物も違います。例えば動物の場合、以下のとおり。

■サン・クリストバル島
→ガラパゴスアシカ、ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスシャークなど
■サンタ・クルス島
→ガラパゴスゾウガメ、ウミイグアナ、リクイグアナなど
■イサベラ島
→ガラパゴスシャーク、ガラパゴスペンギン、ウミイグアナなど
■フェルナンディナ島
→ガラパゴスアシカ、ガラパゴスペンギン、ウミイグアナなど
■サンチアゴ島
→ガラパゴスペンギン、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイなど

…といった要件を踏まえ、日程や予算に合わせて、訪ねたい島をのツアーを絞っていくわけであります。

******

そして、私たちが選んだのはツアーはこちら!

【日程】
4泊5日
【ルート】
サン・クリストバル島→サンタ・クルス島→イサベラ島→サンタ・クルス島

3つの島を周遊する「アイランドホッピング」というスタイルのツアーです。


本来であれば、クルーズ船で島を周遊する「クルーズ」スタイルのツアーが主流。船で寝泊まりしながら島を巡るため、多くのポイントを訪れることができる分、それぞれの島の滞在時間は必然的に短くなってしまう(加えて、料金も高額なツアーが多い)。

一方、「アイランドホッピング」スタイルは、島のホテルに滞在するため訪ねるポイントは減ってしまうけど、その分、ツアーの空いた時間に島を散策できたりと、一つ一つの島をじっくり楽しめる。

…というわけで、のんびり野郎&節約したい我々は、後者を選んだのでした。
 


ツアーの料金は?

DSC_0160a

「アイランドホッピング」というスタイルのツアーで、以下のとおりの内容で決定した私たち。

【日程】
4泊5日
【ルート】
サン・クリストバル島→サンタ・クルス島→イサベラ島→サンタ・クルス島


料金(一名分)はというと・・・

~旅行会社に支払う料金~
■ツアー料金(宿泊代・3食代込み)→ US$1058
■航空券代(保険料・燃油代など込み)→ US$473.83

~現地で別途かかる費用~
■ガラパゴス諸島の入島税 → US$100
■ガラパゴス諸島の空港税 → US$20
■イサベラ島の入島税 → US$5

・・・合計すると、US$1656.83。

小数点以下は切り捨てで、最終的な金額はUS$1656

日本円にすると・・・

約190,000円!!!
 

いやはや、わかっていたこととはいえ、バックパッカーにとっては致命的な金額・・・長期旅行をしていると、悲しいかな、この金額で一体何日間旅を続けられるんだ…と、すぐさま頭の中で計算を始めてしまいます。

しかし、以前の「旅の日記」にも綴ったとおり、日本から旅行会社のツアーでガラパゴス諸島に行こうと思ったら、費用はわずか1週間程度で50~60万は飛んでいくわけです。

そんなのもう、あと30年後にリタイアするまで、おそらくノーチャンスじゃないか!?…というか、それまで本当に生きてるか!?

・・・と、あえて思考を極論にもっていき、えいやぁ!と、勢いよくクレジットカードを切るのでありました。
 


いつまでに予約する?

Exif_JPEG_PICTURE

基本的に、ほぼ一年中ベストシーズンと言っても過言ではないガラパゴス諸島。

世界中から旅行者が集まるため、予約はかなり前倒しで済ませておかないと危険!…という、巷の旅行ブログをよく見かけたので、一体どれだけキトで待たされることになるのかと、かなりビクビクしていた私たち。

しかし実際、3つの旅行会社を回った結果、すべて「明日にでも出発できるぜ!」との回答。もちろんツアーの内容によっては曜日の縛りはあるものの、今回は拍子抜けするくらい、あっさりと希望日に予約できました。

・・・というわけで私たちは、予約日から3日後に出発することを決めたのでした。
 



かくして、ついに憧れのガラパゴス諸島行きの準備が整った私たち。次回の「旅の日記」では、キト→ガラパゴス諸島までのアクセスについて綴りたいと思います。

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。