post

パリッ!サクッ!トロ~リの三拍子♪ ポルトガルの国民的おやつ


リスボンに限らず、ポルトガルではどこに行っても、どのお店にだって並んでいるという、国民的おやつ「Pastel de Nata/パステル ・デ・ナタ」

05dsc_0416

この郷土菓子が誕生したのは、リスボン西部に位置するベレン地区。ベレン地区といえば、そう、前回の「旅の日記」でも紹介した、世界遺産「ジェロニモス修道院/Mosteiro dos Jerónimos」が立つエリアです。

時代をさかのぼること1820年。ポルトガルで起きた自由主義革命の下、ジュロニモス修道院は閉鎖に追い込まれ、多くの修道士・修道女たちが追放されました。

その後彼らは、生きる糧として、修道院の中で技術伝承されていたという「パステル・デ・ナタ」を作り、売ってみたところ、なんとこれが大評判に!

zdsc_0393_filtered

そしてその人気が後押しして、1837年には「パスティシュ・デ・ベレン/Pastéis de Belém」というパティスリーを創業するまでになり、以来、パステル ・デ・ナタはポルトガルを代表するお菓子になった……というわけなのです。

「パスティシュ・デ・ベレン」は今も営業していて、しかも創業当時のレシピを、門外不出として受け継いでいるとの話しを聞きつけ……旅するパティシエ、もちろん行ってまいりました!

zdsc_0412

ジュロニモス修道院の目と鼻の先にある「パスティシュ・デ・ベレン」。創業180年になる老舗は、いつも行列ができる大人気店!

zdsc_0359_filtered

店の奥には広いカフェスペースがあって、なんとか座ることができたけど、こちらもたくさんの人で賑わっています。

そして注文したのはもちろん・・・

00bdsc_0367

「パスティシュ・デ・ベレン」!! さすが発祥の地、パステル・デ・ナタに店名を冠しています。ちなみにお値段は、一個€1.05 ≒¥132とお手頃価格♪

dsc_0373_filtered

お菓子の構成は「パイ生地 + カスタード」と、いたってシンプルなのですが、その独特の製法はまさにポルトガル式!

まず、折り込みパイ生地を薄く伸ばし、くるくるとロール状にする。それを輪切りにカットし、断面を上にして型に置き、そのまま型に敷き広げる……というもの。

一度でもパイ菓子を作ったことのある方は、この製法がいかに特別かということをイメージしてもらえると思いますが、この渦巻き状態を保つには熟練の技が必要なのです!

dsc_0388

続いて、パイ生地が渦巻き状になっているところへ炊いたカスタードを流し、400℃の高温で一気に焼き上げ。そうすることで、底のパイ生地と表面だけに火が入り、中はトロトロという、スペシャルな状態を実現できるのです!

…というわけで、「パスティシュ・デ・ベレン」はほんのり温かいうちに頂けます♪

dsc_0371

食べるときのポイントは、粉糖やシナモンパウダーを上から振りかけるということ。そのままでももちろん美味しいのですが、シナモンの香りが後口をスッキリさせてくれます。

dsc_0376

カスタードはミルクの風味が贅沢に味わえ、また、渦巻き状のパイがサクサクの食感と歯切れの良さを生みます!

dsc_0407_filtered

いくつ食べても飽きのこない、納得の美味しさ……なるほど、お客さんは必ずと言ってよいほど、一人2個以上オーダーしているのもうなずけます♪


・・・思い起こせば、数年前に日本では「エッグタルト」がブームになったことがありました。あのときの影響で、エッグタルトはマカオ生まれのお菓子だと思われがちのようですが、あくまでもそのルーツは、ポルトガルの「パステル・デ・ナタ」。

かつてポルトガルに統治されていたマカオでパステル・デ・ナタが広まり、それがマカオから日本へと、エッグタルトという名で入ってきた……というわけです。

z1266429_1920

それにしても、マカオと日本市場を経由したことで、随分違ったお菓子に変身したものですね〜。

もし、このポルトガルのパステル・デ・ナタが、そのまま日本にやって来ていたならば、きっと一時のブームだけで終わることはなかったはず…。

そう思ってしまうほど、単に美味しいというだけでなく、とても深い味わいを感じた「パスティシュ・デ・ベレン」のパステル・デ・ナタ。

dsc_0394_filtered

これはきっと、品質や生産性だけでなく、伝統やストーリーも含めて商品を育てているか否か…という点で生まれる違いではないでしょうか。

決して目に見えるものではないけれど、たぶん、気のせいではないはず。

あや
 


【今回「Pastel de Nata/パステル・デ・ナタ」を購入したお店はコチラ】

dsc_0409zzz

パスティシュ・デ・ベレン/Pastéis de Belém
住所:Rua de Belém nº 84 a 92 1300 – 085, Lisboa, Portugal
HP:http://pasteisdebelem.pt/


________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。