post

『KitchHike MAGAZINE』連載、エルサレム 授業編のPart.1が公開!

“胃袋外交で世界をつなぐ” というステキなコンセプトの下、料理を作る人・食べる人とをつなぐマッチングサービスを展開するKitchHike(キッチハイク)

logo_aya2

そして私、旅するパティシエ、この「KIitchHike」をパートナーに、旅をしながらKitchHike MAGAZINEで連載中なのですが、今回はエルサレム編が公開されました!…のお知らせです。
 

【“旅するパティシエ” 世界一周!郷土菓子レッスンの旅】
https://blog.kitchhike.com/tabisurupatissier-jerusalem/

23.04.05


前回のフランス編に続き、今回で9回目の成功となる「現地で、現地の人々と、一緒に郷土菓子を作る」取材。

訪ねたのは、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教…「世界三大一神教の聖地」として知られるエルサレムです。

世界中のお菓子の起源があるとされる中東。ようやくその世界に足を踏み入れることができたのは、とっても感慨深いのだけど、果たしてこの聖なる地で、突撃取材なんてできるのだろうか?

治安情勢が不安定ということもあって、いろいろと不安を抱えながらのトライでしたが・・・

10DSC_0532a

・・・見事、突撃取材を成功させることができましたー!!

教えてもらったのは「Ghraybeh/グレイヴ」という、イスラム教でお供え物として重宝されている郷土菓子。

自分で突撃しておいてなんですが、まさか「ムハンマド昇天の地」や「嘆きの壁」「イエス・キリストの墓」の目と鼻の先で、お菓子作りに勤しむことになるとは想像もしていなかったので、頭の中はちょっとしたパニック状態に・笑


まずは前編から、ぜひご覧下さい♪

あや
________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



One thought on “〈 KitchHike連載 −授業編−〉エルサレムの郷土菓子 part.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。