post

アメリカ大陸→ユーラシア大陸へ……「世界の十字路」でトランジット

【day】72〜73日目
【route】オーチョ・リオス→キングストン→パナマシティ


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、無事にジャマイカで郷土菓子作りジャマイカでヘアカットを終えた私たち。次なる目的地はいよいよ大陸を渡り、ヨーロッパはポルトガルへ!

・・・ですがその前に、トランジットのため正味2日ほど、中米・パナマに滞在。私たちにとっては、アメリカ大陸の旅の、最後の国となります。


「世界の十字路」とよばれ、世界中の船が行き交う要所として栄えてきた国・パナマ

02dsc1286151_1920zaa

パナマといえばなんといっても、パナマ運河

7万人以上の作業者が10年以上の歳月をかけ、1914年に開通したこの閘門式(こうもんしき)運河は、太平洋とカリブ海を結ぶ重要な役割を果たしてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

パラグアイの日本人移住者の方と出会ったときに、「日本から出発した2ヶ月の船旅で、パナマ運河を通り、アルゼンチン経由でパラグアイにやって来た」……というお話を聞かせてもらっていたので、自分たちは飛行機でスイスイと来てしまったとはいえ、やはり胸に去来するものがあります。

dollar-941246_1920

通貨は「USドル」。パナマは自国のお札がなく、名称のみを「バルボア」として、そのままUSドルが流通しています(硬貨はUSドルとパナマのものが両方、流通している)。

公用語は、スペイン語


…という基本情報を踏まえつつ、いざパナマの首都・パナマシティ(シウダー・デ・パナマ)を目指します!

06a09dsc_0213_filtered

まずは、ジャマイカのオーチョ・リオスで、郷土菓子作りの取材に協力してくれた、宿のご夫婦に別れを告げ・・・

Exif_JPEG_PICTURE

再び「ナッツフォード・エクスプレス/Knutsford Express」のバスに乗って、3時間ほどかけて首都・キングストンへと戻り・・・

Exif_JPEG_PICTURE

キングストンの宿「アイシャ・ハウス/Aisha House」で一泊。とってもお世話になった、宿のオーナーで音楽&映像コーディネーターのユミさんともお別れしまして・・・

Exif_JPEG_PICTURE

翌日、キングストン郊外にある「ノーマン・マンレー国際空港/Norman Manley International Airport」へ。いよいよジャマイカともお別れです…。


そして、アメリカはマイアミを経由して、飛行機で行くこと約8時間・・・
 

Exif_JPEG_PICTURE

パナマの首都・パナマシティにある「トクメン国際空港(Aeropuerto Internacional de Tocumen)」に到着しました!

Exif_JPEG_PICTURE

空港から中心地まではタクシーで約20分、パナマでの宿は「レジデンシアル・ラス・カナリアス/Residencial Las Canarias」(一泊一室US$25 ≒¥2,700)です。中南米のオンボロな安宿ともこれでお別れと思うと、少し寂し……くない(笑


さて、パナマシティの街の様子はというと・・・

07dsc_0497

ご存知、『パナマ文書』で世界を賑わせたタックス・ヘイブンの国とあって、高層ビルが林立するビジネス・ジャングルの新市街。

08dsc_0458

そしてそのすぐ近くには、まるでスペイン統治時代から時が止まったかのような佇まいの、世界遺産に登録された旧市街。

09dsc_0425

対照的な2つの顔を持つパナマシティは、一体どんな街なのでしょうか……それはまた、次回の「旅の日記」で綴っていきたいと思います。

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。