post

キューバならでは!…な民泊と、さすが社会主義国!…なネット環境


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、中米・キューバはハバナに到着した私たち。

社会主義とあってまだまだ旅行しにくい国のため、入国前に色々と調べてから臨んだわけですが、その内のひとつ、「キューバの宿とインターネット事情」についてまとめました。

※前回は「キューバのお金」についてまとめてます。
社会主義国・キューバのお金のハナシ 〜2つの通貨が存在する国?〜


******

キューバの宿泊施設は、大きく分けて2つ。 dsc_0485aaa

ひとつは「国営ホテル」

社会主義国なので、基本的に民間のホテルはありません。また、従業員全てが公務員ということになります。

dsc_0153aaa

そして、もう一つが「民泊」です。

民泊とは、旅行者などが一般の民家に宿泊すること。キューバではこのスタイルを「カサ・パルティクラル/Casa Particular」といい、スペイン語で「個人の家」という意味になります。

dsc_0304z

一定の基準に達した民家が政府から許可をもらうことで、自宅の部屋を旅行者に貸し出すことのできるカサ・パルティクラル。キューバでは“カサ”という通称で呼ばれています。

Exif_JPEG_PICTURE

カサを営む民家には必ず、錨マークの看板が取り付けられています。

15dsc_0315z

青い錨マークは政府公認のカサ・パルティクラルの印で、主に外国人旅行者向け赤い錨マークは、主にキューバ人向けという意味なのだとか。

どちらのマークもあるところは、旅行者&キューバ人のどちらも受け入れているということだそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

ハバナ市街を歩けば、あちこちにカサの看板だらけ! エアービーアンドビー/Airbnbをはじめとする昨今の民泊ブームを考えると、キューバは圧倒的な民泊先進国ということですね…。


そして国営ホテルではなく、このカサを利用するメリットは以下の2点が挙げられると思います。

①宿泊料金が手頃
国営ホテルは一泊一室100〜200CUC ≒¥11,000〜22,000程度が多いのですが、カサは一泊一室20〜40CUC ≒¥2,200〜4,500程度で宿泊することができます。

②地元の人々と交流できる
カサのほとんどは家族経営なので、キューバの一般家庭に居候するようなもの。もちろんビジネスライクなカサもあるけど、当たりを引けば、キューバ人の日常にぐいぐい入っていくこともできます。


なお、私たちがキューバ滞在中に宿泊したカサの雰囲気はこんなカンジ。

dsc_0571z

カサ in ハバナ

dsc_0289z

カサ in トリニダー
 

Exif_JPEG_PICTURE

どちらも総じて、小ぎれいで快適。宿の方々も、ものすごく親切にしてくれたので、当たりのカサだったと思います!


******

さて、当たりのカサを引くためには、事前にインターネット上でリサーチ&予約をしておきたいところです。

・・・ですが、キューバでは宿のネット予約は法律で禁止されていて、でも実際はそれが黙認されている状態……なんていうきわどい情報を発見。

真偽のほどはわかりませんが、確かにホステルズ・クラブ/hostels clubをはじめとするごく一部の予約サイト、もしくは旅行者のブログでしか、キューバの宿泊情報を確認することはできませんでした。


特に、アメリカ資本の予約サイトには、キューバの宿泊情報の登録がないことはもちろん、キューバ国内でのインターネット利用時にはログインすら出来ないものもありました。

それもそのはず、キューバに対して経済制裁措置を取っているアメリカにとっては、自国の民間業者サイト経由でキューバにお金が落ちるなどということは、あってはならないことです。

・・・が、しかし、2016年3月のオバマ大統領の歴史的キューバ訪問を経て、アメリカからのキューバ渡航が解禁されて以降は、エアービーアンドビー/Airbnbをはじめ大手予約サイトも一気にキューバ宿泊情報の掲載に乗り出しつつあります。


そんなわけで、オンライン上でのキューバ情報は随分と手に入れやすくなって来たわけですが、とはいえキューバ入国後は、インターネット接続は期待しない方がいいです!

これまでアフリカや東南アジアなど、インターネット後進地域を旅して来た経験もありますが、それと比較してもキューバのネット環境整備は、断トツで遅れていました。

ごく一部の高級ホテルや高級レストランでWi-Fi(しかも有料であることが多い)を利用できるくらいのもので、一般家庭においてもインターネットを使える環境にいる人は稀なのだそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

ただ今回唯一、公共の場でネットを利用できる場所も発見できました。ハバナのサンラファエル通りの広場は、ここ一帯がインターネットが利用できるエリアとなっています。

dsc_0574

広場は昼夜問わず、インターネットを求める地元の人々でごった返し。

黙っていても、キューバの通信会社「ETECSA」のプリペイドカードを買わないか〜と、売り子さんが寄って来るので、3CUC ≒¥340で購入すると1時間インターネットが利用可能。

う〜ん…ここが日本だとしてもなかなか高額なので、キューバの物価で考えたらとんでもない金額です。例のごとく「兌換ペソ/CUC」を使った外国人向けの料金設定なのだそうですが、だいぶ足下見られてますね、、、


******

・・・というわけで、インターネットに慣れ過ぎたアタマで臨むと、きっと痛い目に遭うであろうキューバの旅。

宿はもちろんのこと、様々なケースやリスクを想定して、入国前になるべく多くの情報を手に入れておくことをオススメします!

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。