post

南米→中米の旅へ! そして、カリブに浮かぶ“赤い島”へ…!!

【day】61日目
【route】キト→パナマシティ→ハバナ


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、ガラパゴス諸島のツアーを終え、首都・キトに戻った私たち。

dsc_0348

そして、2ヶ月に及ぶ南米の旅も、ついにおしまい。後ろ髪を引かれる思いでキトを後にして・・・
 

・・・お次は、いよいよ中米へ!

・・・目指すは、キューバ!


カリブ海の真珠”といわれ、本島と約1,600の島々や岩礁からなる、カリブ海最大の島国・キューバ共和国

dsc_0354

カリブに浮かぶ赤い島”とも形容されるキューバは、ご存知、社会主義国

01dsc

1959年、フィデル・カストロチェ・ゲバラが率いた革命軍が、親米派のバティスタ政権を打倒して以降、社会主義国としての道を歩んできました。

02dsc_0995b

通貨は「兌換ペソ/CUC」「人民ペソ/CUP」の二重通貨制で、

1CUC ≒¥113

1CUP ≒¥4.7

(二重通貨制については、長くなるので別の日記でまとめます…)


公用語は、スペイン語

 

…という基本情報を踏まえつつ、いざ、キューバの首都・ハバナを目指します。

Exif_JPEG_PICTURE

キトの「マリスカル・スークレ国際空港/Aeropuerto Internacional Mariscal Sucre」から、飛行機で約2時間かけて、まずはパナマに到着。

Exif_JPEG_PICTURE

パナマを経由して、再び飛ぶこと約2時間半……カリブの島々が見えてきました!

Exif_JPEG_PICTURE

そしてキューバ本土が見えてきました! さすが、有機農業大国。あたり一面、どこまでも農地が広がっています。

Exif_JPEG_PICTURE

そして、「ホセ・マルティ国際空港/Aeropuerto Internacional Jose Marti」に到着しました!

06dsc_0019

ついに降り立ちました、キューバの首都・ハバナ。ちなみにスペイン語圏であるキューバでは、現地ではこの街は「ラ・アバーナ/La Habana」と呼ばれています。

そして、スペイン統治時代のコロニアルな街並みが広がっているという、旧市街の様子はというと・・・

07dsc_0956

08dsc_1060

09dsc_0265b

たしかにコロニアルなんだけど、南米諸国のそれとは違って、美しい街並みというよりも、建物は全体的にボロボロで、どこか荒廃感が漂っています…。

さらに・・・

10dsc_0945

11dsc_0027a

dsc_0950

街はレトロな看板で埋め尽くされていたり・・・

a04

13dsc_0220

Exif_JPEG_PICTURE

40〜50年代のクラシックカーが、今も現役で走っていたり・・・

・・・ベタだけど、本当にタイムスリップしたかのような錯覚に陥る、不思議な街なのであります!

これまで50カ国ほどの国々を訪ねて来たけど、さすがにここまでファーストインパクの強烈な街には出会ったことがありません…。

14dsc_0567

さらに、街の至る所にはやっぱり、キューバ革命の英雄、カミーロ・シエンフエゴスチェ・ゲバラの肖像が…! ゲバラを愛する夫は、もはや興奮を抑えることができない様子。

 

思うところがありすぎる、キューバ。

日記でまとめ切れる自信が全くありませんが、少しずつ綴っていきたいと思います・・・

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。