post

もう、感動できないかもしれない、という心配


前回の「旅の日記」に綴ったとおり、世界最大の塩原「ウユニ塩湖/Salar de Uyuni」の「サンセット+ スターライト」ツアー(ウユニ塩湖の夕日&星空の観賞)に参加した私たち。

一旦ウユニの町にある宿へと戻り、1時間半ほど仮眠。そして今度は、「スターライト +サンライズ」ウユニ塩湖の星空&朝日の観賞)ツアーに参加します。

Exif_JPEG_PICTURE

AM2:00に「穂高ツアー/Hodaka Mountain Tour Operator」に行くと、他の参加者もいっぱい。なんと、8〜9割はアジア人という、驚愕の事実。
 

そして、昨日と同じように先に長靴を借りて、いざ出発。

Exif_JPEG_PICTURE

昨日の日中はこんな道のりでしたが…
 

Exif_JPEG_PICTURE

…暗すぎてなにも見えないので、ドライバーは特別なナビを使用して、進んでいきます。
 

ポイントに到着して車を降りると、やはり真っ暗。

uyuni3_3

しかし、わかりますでしょうか? …よく見ると、月がウユニ塩湖の湖面に映り込んでいます。
 

さてここからは前回の日記と同様に、その美しさを伝えるには、あまりにも言葉が少な過ぎるので、ただひたすらに、収めた写真だけを以下に並べます。

例のごとく、目を疑うと思いますが、あくまでも時系列なのであります。

 

uyuni3_5

 

DSC_0258

 

DSC_0240

 

uyuni3_9

 

DSC_0305

 

uyuni3_11

 

uyuni3_99

 

DSC_0416b

 

DSC_0453b

 

DSC_0468

 

uyuni3_17a

 

DSC_0500a

 

uyuni3_19

 

uyuni3_22

 

uyuni3_21

 

uyuni3_23

 

uyuni3_24

 

DSC_0675

 

uyuni3_25

 

uyuni3_28

 

DSC_0711a


AM6:40。

ゆっくり1時間かけた、青と白の世界の甦り。


どんな言葉を吟味して並べてみたところで、この美しさの前では途端に嘘くさくなってしまうので、なにも言えません。

…と言えば、その美しさがいかほどのものだったか、少しはお伝えできるような気がします。

 

uyuni3_30

こんな光景を目の当たりにしてしまったら、今後の人生でもう、どんな景色をみたって感動できないのではないか…。

そんな心配を本気でしながら、再び、ウユニの町へと帰っていくのでありました。

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。