post

そのとき、「地面」の存在は消えてしまった・・・


富士山頂ほどの高さに、岐阜県ほどの広さの塩の大地が広がっているという、世界最大の塩原「ウユニ塩湖/Salar de Uyuni」

前回の「旅の日記」に綴ったとおり、私たちは「サンセット+ スターライト」ツアーに参加。 これはウユニ塩湖の夕日と星空を観賞するというものです。

さて、一体どんな絶景が待ち受けているのでしょうか…。

そして、“鏡張り”の光景には、出会えるのでしょうか…。

 

ちなみに夫は以前、北アフリカはチュニジアを訪れた際に、「ジェリド湖/Chott el Jerid」という塩湖を目にしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最長200㎞・最大幅80㎞と、その大きさはウユニ塩湖には及ばないものの、それはそれは雄大で美しく、「きっとウユニ塩湖もこんなカンジなのかな〜」…と想像しながら、今回、満を持してボリビアにやって来たわけですが・・・
 

・・・はっきりいって…
 

Exif_JPEG_PICTURE

ウユニ塩湖のスケールは、ケタちがい…!
 

天空の鏡”とはよく言ったもので、遠くを眺めていると、もはや意識の中では「地面」の存在が消えてしまいます。大げさではなく。

uyuni2_3a

足下を見て、「そうか。自分は今、地面に両足を着いているんだ…」と当たり前のことを再確認。
 

uyuni2_5aa

そして、ぐぐ〜っと足下をフォーカスすると、真っ白な塩がぎっしり。
 

uyuni2_5b

塩の結晶の塊が、ゴロゴロ転がっています。また、少し地面に触れるだけで、手は真っ白に。
 

uyuni2_4

ここまで乗ってきた4WD車も、塩まみれ。
 

 

uyuni2_6

・・・早速圧倒されてしまった、ウユニ塩湖の絶景。

その美しさを伝えるには、あまりにも言葉が少な過ぎるので、ただひたすらに、収めた写真だけを以下に並べます。

なお、「ウソつけ!」…と思われそうだけど、正真正銘、写真は時系列。特に後半は目を疑うと思いますが、方角が違うだけで、あくまでも同じ場所から見える光景なのです…アンビリーバボー、、、

 

uyuni2_7a


uyuni2_8a

 

uyuni2_11a

 

uyuni2_12a

 

uyuni2_14a

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

uyuni2_18

 

uyuni2_19a

 

uyuni2_20c

 

uyuni2_21

 

uyuni2_23

 

uyuni2_24

 

uyuni2_25

 

uyuni2_27

 

uyuni2_28a

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

uyuni2_34

 

Exif_JPEG_PICTURE


PM8:10。

圧巻、そして極寒の世界は、闇の中へ。
 

翌朝AM2:30からの「スターライト+ サンライズ」ツアー(ウユニ塩湖の星空&朝日の観賞)の開始まで待機するため、私たちは一旦、ウユニの町へと引き返すのでありました。

つづく

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。