post

10年前に撮影したマチュピチュの写真を、もう一回撮ってみた件


10年前の2006年にも、一度訪れたマチュピチュ。せっかくなので、いくつかのスポットを、当時と同じアングルで撮影してみました。
 


マチュピチュの歴史保護区/Historic Sanctuary of Machu Picchu
 

________________________

マチュピチュ遺跡

〜2006年〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

〜10年後〜

1b

 

________________________

市街地への入口

〜2006年〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

〜10年後〜

2b

 

________________________

ワイナピチュ

〜2006年〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

〜10年後〜

3b

 

________________________

プトゥクシ山

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

4b

 

________________________

入場ゲート

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

5b


マチュピチュ遺跡の復元が進んでいるかと思いきや、素人目には全く変化ナシ!

で、調べてみると、復元どころか劣化が深刻で、保存・修復で手一杯らしいのです。たしかに、遺跡内部は特に、10年前よりも立ち入りできる範囲がだいぶ狭くなっていました。

もしかしたら近い将来、遺跡内部については立ち入り制限、もしくは禁止になるのでは…。

でも個人的には、むしろそうなってほしいような。劣化に歯止めが利かないほど開放し続けてきた、カンボジアはアンコール遺跡の二の舞にはなってほしくないから、、、

 


マチュピチュ村/Machupicchu Pueblo


________________________

アグアス・カリエンテス川

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

6b

 

________________________

インカ・パチャクティ通り

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

7cc

 

________________________

市場への入口

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

8b

 

________________________

アグアス・カリエンテス駅

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

Exif_JPEG_PICTURE


マチュピチュとは打って変わって、麓の村は建設ラッシュで様変わり

10年前は心許ない橋しかなかったのに、今では見るからに頑丈そうな鉄骨の橋がいくつも川に架かり、観光需要に比例して、メインストリートにはホテルや飲食店が乱立。

もはや「マチュピチュ村」ではなく、「マチュピチュ新市街」とよんだ方がいいような…という、やや切ない状態でした。村が潤っているのは良い事だけど、このままハード面での膨張を続けていくとね、、、

 



ワイナピチュ登頂を果たせなかった無念を、忘れることのなかったこの10年。

リベンジも果たし、やっぱりもう一度来てよかったなーと思うと共に、これでもうマチュピチュに思いを馳せる一番のきっかけもなくなったのだと思うと、贅沢極まりないけど、少し淋しい気持ちにも。

それならば、よし、3回目は子供を連れて来るね、という言い訳で、再びマチュピチュを拝んでみたのでした。

そのときマチュピチュは、世界文化遺産としてどんな立ち位置を取っているだろう。そして自分は、その舵取りに少しでも関われているだろうか。

勝手に不安と期待でいっぱいのまま、またしばらくサヨウナラ。次回は白髪交じりかもしれないけど、よろしくです。


ひでつぐ

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。