post

10年前に撮影したリマの写真を、もう一回撮ってみた件


10年前の2006年にも、一度訪れたリマ。せっかくなので、いくつかのスポットを、当時と同じアングルで撮影してみました。
 


アルマス広場/Plaza de Armas

〜2006年〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

〜10年後〜

Exif_JPEG_PICTURE

さすが世界遺産の中心部。広場は見事なほどになにも変わってません。なんか写り込んでるヒトに関していえば、せっかくのモヒカンも、旅の終盤でもはや元気がなくなっていたことが気になります。そして、同じT-シャツを10年着続けていたことに、ちょっとヒきます。色褪せ半端じゃない。
 


サン・マルティン広場/Plaza San Martin

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

Exif_JPEG_PICTURE

こちらもほぼ変わっていませんが、よく見ると広場周辺の建物が清掃されてキレイになっている! たしかに、10年前はもうちょっと暗い印象でしたが、今は本当に市民の憩いの場といった雰囲気。
 


中央市場/Mercado Central

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

lima5-8

世界遺産の歴史地区内とはいえ、市場は変わっていてもよさそうなものですが、目を疑うほど変化ナシ。雑貨なんかは、下手したら10年前のものがそのままぶら下がっていても、おかしくなさそう。
 


サン・クリストバルの丘/Cerro San Cristobal(から見たリマ市街)

~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

lima5-4


~2006年~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↓↓↓↓↓

~10年後~

lima5-6

撮影した時間帯が違うので写真だとわかりにくいけど、建物が全体的にややキレイになったような印象。郊外には、随分と高層ビルが建つようになりました。スラムにあるサッカーコートが芝生になっているのには、ちょっと胸が熱くなります。
 



さすが南米が誇る、世界遺産の街。実際に街を歩いてみると、遺すべきものは遺し、変えるべきところは変える。そんな印象を受けました。

自分のこといえば、社会人になってからのこの10年、それなりに色んな経験もして、色んなモノを積み上げてきたつもりだけど、「おまえの10年の歩みとか、マジたいしたことないから」と、往復ビンタを喰らったような気がして、とっても気持ちがイイのでした。

ひでつぐ

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。