post

アシカとアヤの、グラビア撮影 in サン・クリストバル島

【day】56~57日目
【route】サン・クリストバル島


ついに念願の、ガラパゴス諸島に到着した私たち。 今回は、まず始めに降り立った、サン・クリストバル島について!

※ 準備編&アクセス編については↓コチラ
【準備編】首都・キト→ガラパゴス諸島へ
【アクセス編】首都・キト→ガラパゴス諸島へ
 

01DSC_0336

面積約558㎢、人口7,000人以上、ガラパゴス諸島の中で最も東に位置するサン・クリストバル島。1835年、“ダーウィンの進化論”で知られるチャールズ・ダーウィンが、ガラパゴス諸島で初めて上陸した島です。

ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスシャークなどの動物が生息していますが、なんといっても“アシカ島”とよばれるほど、ガラパゴスアシカが多い島としても知られています。


・・・という基本情報を踏まえつつ、早速ツアーがスタート!

Exif_JPEG_PICTURE

まずは、宿にチェックインを済ませた後、島の中心部に向かってテクテク。「ナチュラリスト」とよばれる公認免許をもったガイドさんが、すべてアテンドしてくれます。

04DSC_0645a

道すがら、民家の様子も見ることができました。まさかガラパゴスで、ごく普通に生活している人々がいるなんて、知らなかった…。ちなみに住民の大半は、農業・漁業・観光業などに従事している方々なのだとか。

Exif_JPEG_PICTURE

なお、島内では車がガンガン走っています。え? ここはガラパゴスなのに、いいの?…とこちらが不安になるくらい、排気ガスをまき散らして…。

06DSC_0643

ごくわずかだけど、信号もあったりして! う〜ん、これも全く予想してなかった…。

07DSC_0327

・・・そして、島の中心地である「バケリソ・モレノ港/Puerto Baquerizo Moreno」に到着!

08DSC_0325

沖には、おびただしい数の観光船&漁船が、波に揺られています。

09DSC_0332

さて、海の透明度はどんなもんかな?…と思い、下を覗いてみると・・・

Exif_JPEG_PICTURE

・・・でた! ガラパゴスアシカ!!!

早速、こんな近くで見られるなんて〜と感動していたら・・・

11DSC_0005

え?

12DSC_0018

えぇ?

14DSC_0057

えぇぇ?

13DSC_0041

えぇーーーーー!?


か、か、完全に、人間の領域でくつろいでるんですけど、、、

そして・・・

16DSC_0009

近っ!

15aDSC_0003

近っっ!

15bDSC_1288

近っーーーーー!!

と、いうか・・・

17DSC_0608

多っーーーーー!

18aDSC_0621

・・・そして、プリティ♥

18bDSC_0598

むぅぅ…さすがは“アシカ島”…。まさか、ここまでガラパゴスアシカだらけな上に、こんなにも人間とテリトリーを共にしているなんて…!

いや、地元の人々の動きを観察していると、むしろアシカに遠慮しているようにすらみえる(笑
 

↓アシカとの触れ合い動画がこちら↓


 

19DSC_0124

アシカの大群との出会いに興奮冷めやらぬまま、ナチュラリストが次に連れて行ってくれたのは、「サン・クリストバル資料館/San Cristobal Interpretation Center」

20DSC_0097

車両通行禁止の保護区内の坂を、テクテクと上っていきまして…

21DSC_0109

道すがらには、この島にしか自生していないサボテンや…

Exif_JPEG_PICTURE

同じく、この島にしか生息していないトカゲなんかと出会いつつ…

24DSC_0069

資料館に到着! ここでは、ガラパゴス諸島の生態系の解説や、各国の領有権を巡る争いの歴史などについて解説されています。

17世紀は海賊の隠れ家に、大航海時代には捕鯨船の拠点に、そしてエクアドルの領有になった後は、政府が戦略的に入植者を送り込み……といったように、“ダーウィンの進化論”だけではないガラパゴス諸島を知ることができたのでした。

25DSC_0142a

そんなお勉強タイムを終えて、次は資料館の麓にある湾に移動。一体なにをするかというと…

Exif_JPEG_PICTURE

スノーケリング!! 海中には、やはり見たことないようなカラフルな魚がいっぱい!

加えて、上の写真のとおり、時折アシカがすぐ近くを泳いでいくのにはビックリ。しかし実際、海中で目の前にアシカが登場すると、かなりの恐怖です(苦笑
 

Exif_JPEG_PICTURE

なお、ハシャギすぎた夫は、軽く波に流され負傷……背中&ヒザを岩で切ってしまいました。

しかし、さすがはナチュラリスト! すかさず携帯していた救急医療キットで応急処置。いい歳こいてスミマセン、助かりました、、、

28DSC_0160

・・・というわけで、夕日×アシカを浜辺で眺めつつ、この日のツアーは終了。

31DSC_0236

夜のフリータイムには、再びバケリソ・モレノ港へと来てみました。

さて、日中ここにいたアシカたちは、どうしてるかな〜?

32DSC_0221

はい、相変わらずベンチで寝ていらっしゃいました(笑

33DSC_0253

だいぶ気持ち良さそうに寝ています…

Exif_JPEG_PICTURE

いや、待てよ…??

Exif_JPEG_PICTURE

あんたら、一日中ずっと寝てるってこと…?

Exif_JPEG_PICTURE

というか、日中よりも増えてるーーー!!

36DSC_0283

一日中ぐ〜たらはうらやましすぎる…と思っていたのですが、一応、朝はエサを獲りに、積極的に海へと飛び込んでいく、アシカくんたちなのだそうです。


*******

・・・というわけで翌朝。

40DSC_0350

確かに港では、ほとんどぐ〜たらアシカを見かけなかったことに、なんだか寂しさを覚えつつ…

41DSC_0374

ツアー2日目は、サン・クリストバル島の北西へとボートで進み…

42DSC_0450

「キッカー・ロック/Kicker Rock」へとやって来ました!

43DSC_0380

ここは、サン・クリストバル島で最も有名な景勝地であり、また、ダイビング・スポットでもあります。

45DSC_0390

ダイビングをせずともスノーケリングで、ウミガメや、運が良ければハンマーシャークも見られるという、非常に珍しいスポットらしいのですが…

Exif_JPEG_PICTURE

この日は海の濁りがひどく、残念ながら昨日と同様、カラフルな魚たちと戯れただけでタイムアップ。う〜ん、残念、、、

48DSC_0519

しかし、次に向かったのが、そんな不運も帳消しになるほど、とんでもなく美しいビーチ!

49DSC_0580

50aDSC_0504

50bDSC_0592

サラサラの砂浜に、どこまでも透き通った海、そして、これまた見たこともない生き物たちとの出会い。思い描いていたガラパゴスの風景が、そこに広がっていました!

51DSC_0490

・・・と、突如、波打ち際に黒い物体を発見……まさかアレは!?

53DSC_0560

やっぱりここにもいました! ガラパゴスアシカ!!(笑

妻がそ〜っと近づいていき・・・

54DSC_0569

アシカと一緒にグラビア撮影!(苦笑

DSC_0451

・・・そんなツアー2日目を終え、バケリソ・モレノ港へと戻った私たち。

55DSC_0273

そこにはやはり、今夜もぐ〜たらするアシカたちの姿があったのでした。

ただいま〜。


******

そして明日は、ガラパゴスゾウガメが待つサンタ・クルス島へと向かいます!

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。