post

アルザス地方の郷土菓子「クグロフ」で、旅するパティシエが料理教室デビュー♪


2018年の初ブログは、年をまたいでしまいましたが、昨年11月に開催した「Tadaku×旅するパティシエ  フランス料理教室」のレポートをお届けしたいと思います!

01

外国人ホストと料理を一緒に作って、一緒に食べる。日帰りホームステイのような、新しい料理教室のカタチを実現している「Tadaku(タダク)」

そんなTadakuの人気ホストであるPierreさんと一緒に、東京都内でコラボレッスンを開催しました。

02

日本文化に興味を持ったことがきっかけで、日本で教師として働くことを決めたという、フランス人のPierreさん。しかし、ただ日本での暮らしを楽しむだけでなく、母国の文化を、「食」を通じて日本の人々に伝えたいと考えるようになり、Tadakuで料理教室を始めるようになったのだとか。

03

そんなPierreさんと、「世界の郷土菓子」を通じて現地のストーリーを届けることを旨とする、旅するパティシエとが、意気投合しないはずがない!‥‥というわけで今回の、フランス料理のコラボレッスンが実現したのでした♪


ひと口に“フランス料理”といっても、地方によってさまざまな料理文化が育まれているフランス。その中で、私たちが第一回目のテーマに選んだのが、アルザス地方の料理でした。

Pierreさんは、アルザス出身の祖母から習ったという、アルザス地方の郷土料理「Choucroute/シュークルート」「Flammen quiche/フラメン・キッシュ」を・・・

そして私は、実際にストラスブールを訪ねた際に学んできた、アルザス地方を代表する郷土菓子「Knuglof/クグロフ」を・・・

・・・それぞれのレッスンメニューとして、ピックアップしました。
 

tadaku


今回のレッスンに予約してくださった生徒さんは、総勢15名。ありがたいことに、なんと応募を開始して2日で満席に!‥‥期待に必ずや応えねばと、Pierreさんとレッスン内容を詰めていきました。


・・・そして、いよいよ迎えたレッスン当日!

プロローグとして、まずはアルザス地方の基本情報を、みなさんにインプットして頂きました。

01dsc_0585

資料とプロジェクターを用いながら、アルザス地方の歴史や文化について話したり・・・

07

ウェルカムドリンクということで、アルザス地方のワインで乾杯したり・・・

08

・・・といったイントロダクション&アイスブレイクを経て、キッチンでのレッスンを開始しました!

当日のレッスンメニューの内容については以下、ダイジェスト版でお届けします♪

******

「Choucroute/シュークルート」

09

キャベツの漬け物「Sauerkraut/ザワークラウト」を、ソーセージやベーコン、豚のすね肉などと一緒に煮て、茹でたジャガイモをつけ合わせた、アルザス地方の伝統的な料理。

この料理のキーとなるザワークラウトの、切り方から瓶詰めの方法まで、Pierreさんが丁寧に解説してくれました。

******

「Flammen quiche/フラメン・キッシュ」

10

薄く伸ばしたパン生地に、フロマージュ・ブランなどのチーズ、もしくはクレームを塗り、薄くスライスした玉ねぎとベーコンをのせて焼いた、薄焼きピザに似た料理。

現地に近い味にするためには、日本のどんな食材で代替すべきかなど、自宅で再現するためのコツもPierreさんが伝授してくれました。

******

「Kouglof/クグロフ」

11

デザートはもちろん、旅するパティシエが担当♪ クグロフは「Brioche/ブリオッシュ」という菓子パン生地がベースとなっているので、仕込む工程を発酵段階に分けてお伝えしました。

現地では、比較的ドライなものを好まれるのですが・・・

↓現地のクグロフについてはこちら
*世界の郷土菓子* フランスの「Kouglof/クグロフ」

・・・私が創作したクグロフは、日本人の舌に合うよう、あるヒミツを加えています♪ ポイントは、しっとりした生地作りと、最後に水分を閉じ込めること!

******

12

・・・そしてすべてのメニューができ上がったら、最後はみんなで実食!スパイスたっぷりのホットワインと一緒に、料理とおやつを楽しみました♪

13

これまで開催してきたイベントは、でき上がったお菓子を提供するスタイルでしたが、今回は初めて「料理教室」に挑戦。

ドキドキでしたが、生徒のみなさんとじっくりコミュニケーションを取りながら進められるレッスン形式で、そして、フランスを母国とするPierreさんとのコラボで、“現地のストーリーを届ける”ことに、確かな手応えを得られました。

14a

Tadakuさん、Pierreさん、そしてご参加頂いたみなさま、本当にありがとうございました! これからも「世界の郷土菓子」を通じて、さまざまな国や地域のストーリーをお届けする場をつくっていきたいと思います。

次は、どこの地域がいいかな‥‥♪

あや

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



One thought on “〈 Tadaku × 旅するパティシエ 〉フランス・アルザス地方の料理教室を開催しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。