post

ペルーとの国境を越え、一路ボリビアはコパカバナへ

【day】21日目
【route】プーノ→コパカバナ→ラ・パス


2週間弱を過ごしたペルーとも、いよいよこれでお別れ。

妻の療養から始まったペルー滞在は、諸々の態勢を整えるのに終始してしまった感があり、心残りだけど今後の予定も鑑みて、泣く泣く国境越えを決意…。

3カ国目となる、ボリビアへ入国することにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

ボリビアといえば、国土の1/3がアンデス山脈という、海をもたない“高原の国”。
 

copacabana_1b

そして、革命家 チェ・ゲバラが非業の最期を遂げた国であります。
 

copacabana_1cc

通貨は「ボリビアーノ/Boliviano」で、Bs.1 ≒¥15

公用語はペルーと同様に、スペイン語
 

…という基本情報を踏まえつつ、早朝にペルーはプーノを発ち、いざボリビアへ。

私たちのプランは、バスにて今日中に、プーノからボリビアの首都ラ・パスまで行ってしまおうというもの。

ですが、ペルーとボリビアの両国にまたがるティティカカ湖上には、ペルー側から「ウロス島」を訪ねたように、ボリビア側にもぜひ訪ねてみたい島、「太陽の島/Isal del Sol」がありました。

Exif_JPEG_PICTURE

そのため、プーノにて事前に「ウロス島ツアー+国境越えバス+太陽の島ツアー+ラ・パス行きバス」というパッケージ(一人 S/.110 ≒¥3,850)買いをして、準備万端で今日を迎えたのでした。
 

…というわけで、まずは国境越え。

Exif_JPEG_PICTURE

プーノからバスで約2時間半かけて、国境へ。向こうに見えるアーチをくぐれば、そこはもうボリビアです。
 

Exif_JPEG_PICTURE

バスから一旦降りて、ペルーのイミグレーションにて出国手続き。
 

Exif_JPEG_PICTURE

ご多分に漏れず、こういった地方のイミグレーションのスタッフは果てしなくぶっきらぼう&偉そうだけど、ちょっとしたことで意地悪されて出国に支障を来すので、果てしなく下手に出るのであります。
 

Exif_JPEG_PICTURE

本当にこれでペルーともお別れだと思うとさみしすぎて、気休めに記念写真をパシャリ。
 

Exif_JPEG_PICTURE

そして国境線となるアーチまで、自分たちの足でテクテク。国境を歩いて越えられるのは、なかなか貴重な体験です。
 

Exif_JPEG_PICTURE

…そして、ボリビアに入国!! 向こう側は、もう引き返すことのできないペルーです。
 

Exif_JPEG_PICTURE

とはいえもちろん、ボリビアに入った瞬間に景色が変わる…とか、そういったことはございません。

なお、ペルーとボリビアは時差は1時間。アーチをくぐった時点で、時計の針を1時間進めます。
 

Exif_JPEG_PICTURE

はしゃぐ間もなく、今度はボリビアのイミグレーションにて入国手続き。
 

ひと通り手続きを終えて、バスでさらに30分ほど行くと・・・

copacabana_10

・・・コパカバナに到着です!
 

プーノ(ペルー)~ラ・パス(ボリビア)のちょうど中間地点に位置するコパカバナは、ティティカカ湖にある「太陽の島」の基点となる町

copacabana_48

その「太陽の島」は、インカの初代皇帝マンコ・カパックと、妹であり妻(!?)のママ・オクリョが降り立った聖なる地と伝えられ、特にインディヘナの人々にとっては特別な意味をもつ島です。
 

copacabana_12

…というわけで、私たちも国境越えのバスを下車して、すぐさま港へ。
 

copacabana_13

プーノは雲っていたけど、こちらは抜けるような青空! ようやく深い碧の美しいティティカカ湖を、拝むことができました。
 

copacabana_14

そして、コパカバナからモーターボートで行くこと約1時間半…
 

copacabana_15

太陽の島が見えてきました!
 

copacabana_16

段々畑とカラフルな家並みが、美しいのです。
 

copacabana_31

船着き場からすぐのところに階段があり、ここを30分ほど上っていくと島の上部にたどり着き、アイマラ系インディヘナの暮らしの様子を伺えたり、美しいティティカカ湖の眺めを楽しめたりするそうなのです。
 

そりゃあ行くっきゃないわけですが、
現在時刻は、PM3:10

それに対し、
コパカバナに引き返すモーターボートは、PM4:00発


いやいや、島の上りに30分かかるっていうのに、持ち時間50分はないでしょ! しかもこのティティカカ湖は標高3,890メートルの高所だっていうのに、どんな挑戦させる気!?

copacabana_29

さらに追い打ちをかけるように、入島料(Bs.5 ≒¥75)の徴収が、尋常ではないくらいモタつく…!
 

copacabana_17

こんなの無茶だろ〜と二人で文句を言っていたけど、なぜか同乗していた観光客のみなさんは、けっこう素直に階段を上り始めてしまった…!?

島上部にはホテルもあるので、重そうなバックパックをかついでいく人は宿泊者。でも軽装な人は、自分たちと同じように、PM4:00発のモーターボートのために帰ってくるはずなのだけど、、、
 

copacabana_32a

…と、これはあとから調べてわかったことだけど、この無茶なタイムリミットのツアーは有名で、ある種タイムレースとして、もはや旅行者のお楽しみになっているらしいのです…。

しかもモーターボートの所要時間は日によってズレがあり、早く着けばラッキー! 遅れたら残念でした! …というのは暗黙の了解のよう、、、
 

copacabana_18

なんじゃそりゃ!…な話しですが、一周して笑えてきた私たちは、スタート時点で登頂をあっさり諦め(笑)、まぁとりあえず行けるトコまで行ってみよ~と、のんびりと階段を上り始めたのでした。
 

copacabana_19

道すがら出会う、島の住人とアルパカ。
 

copacabana_20

息は苦しいけど、美しい段々畑の光景は和みます。
 

copacabana_22

…なんて楽しんでいたら、あっという間にタイムリミット(笑)。
 

copacabana_21

まだまだ道は続いていますが、おそらく半分くらい上ったところで、引き返しました。
 

copacabana_23

出発の5分前に、きっちり船着き場に到着。
 

しかし、実は私たちにはまだ、若干の不安要素が…。

なぜなら、コパカバナに戻ったあとは、すぐさまラ・パス行きのバスに乗車。時間は、PM6:00発なのです。

PM4:00 太陽の島
↓モーターボート
PM5:30 コパカバナの港
↓徒歩
PM5:45 コパカバナのバス発着所


・・・う~む、ギリギリだ…最後までハラハラさせるツアーです。
 

copacabana_30

とはいえ、概ね定刻通りに船は出発。よかったよかったと、二人でほっと胸を撫で下ろしました。
 

copacabana_35

…とその刹那、なぜか再び、太陽の島に停泊…!!
 

copacabana_34

さっきとは違う船着き場のようではあるけど、なぜまた停泊!?…と、激しく動揺する私たち。
 

すると運転士が、「ここで15分間、陸に上がって~」とアナウンス。
 

「いやいや、なんでよ!?」と突っ込むと、

そのレスポンスは、「インカの遺跡があるから」

copacabana_24

「あ、ホントだ! すご~い♥」
 

…とは、残念ながらなりません!

いやいや、ここで15分も停泊してたら、ラ・パス行きのバスに絶対間に合うはずはないでしょうが!…と、猛然と抗議。

私たちと同じ内容のツアーの人もいて、みんなで一気呵成に出るも、運転士は「おれ関係ないも~ん」という強すぎるハートで、私たちを去なし続けます。

ここでどんなに頑張ってもラチがあかなそうなので、もしバスの時間に間に合わなかったらツアー会社に抗議だ!と、鼻息を荒くする私たちは…

copacabana_36

開き直って、インカの遺跡を楽しみました♪

旅で培われる力の一つに、“切替え力”は、絶対に上位にランキングされると思います(笑)
 

copacabana_33

…そんなこんなでPM4:30、今度こそ本当に、太陽の島を出発。

船の中では、コパカバナに到着したらどのようにツアー会社に抗議すべきか!と、二人で作戦会議。

しかし…

copacabana_11a

どんなマジックを使ったのか謎だけど、帰りは1時間半もかからず、PM5:45にはコパカバナの港に到着!

運転士さん、さっきは責めすぎてゴメン!…と、心の中でほんのちょっとだけ謝罪しつつ、それでも時間がないのは確かなので、港からバス発着所までとにかくダッシュ!

copacabana_25

バスの出発まであと15分…! よりによって標高3,890メートルの坂道で、また焦らされるとは~~~
 

でも、火事場の馬鹿力で、なんと出発時刻PM6:00の5分前にはバス発着所に到着!

よ~し、このままバスに飛び込んでやれー! バスのスタッフさーん、乗りますよー!!
 

スタッフ:「出発はPM6:30だから、もう少し待ってなさい」

・・・はい???
 

えぇ、実は坂道を走っているときから、そうであることは願っていました。でもあなたは、私たちが太陽の島へと発つ前に、「ラ・パス行きバスの出発はPM6:00だからね!」と、けっこうなプレッシャーをかけてきましたよね?

太陽の島を出るときからの、ハラハラな時間を返してくれ…!
 

…と、訴えたいところだけど、南米での伝達・伝言の曖昧さや時間の不確実性は、これまでの旅で痛感済みなので、「いや~間に合ってよかったね~」と、素直に胸を撫で下ろす私たち。

copacabana_27

ついでにこれ幸いと、コパカバナの町中でやっていたお祭りを見学。“切替え力”、どうやらこの旅でぐんぐんと磨かれているようです(笑)
 

さて、そんなすったもんだもありながら、ラ・パスへ無事に出発。

あとはバスに乗っていれば着くぞ~♪
 

Exif_JPEG_PICTURE

…と思いきや、最後の関門が!

1時間ほど経ったところで突如、全員バスから降りるよう指示が出されました。
 

Exif_JPEG_PICTURE

何事かと思ったら、なんとここからボートに乗り換えるとのこと…。いやいや、首都のラ・パスにボートで乗り入れるなんて、聞いてないんですけど!?
 

Exif_JPEG_PICTURE

…と思いきや、ティティカカ湖ウイニャイマルカ湖を結ぶ水路があり、ここだけは渡し船で移動するのだとか。水路の幅は約500m、所要15分ほどで対岸に到着するとのこと。
 

Exif_JPEG_PICTURE

乗船料(一人 Bs.2 ≒¥30)の支払いと、国境ではないのにパスポート提示がマスト。…う~ん、例のごとく、ツアー会社からの事前説明はなかったなぁ(苦笑)。
 

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみに、バスも船に乗せられてボートで運ばれていく様は、ちょっとおもしろい。
 

Exif_JPEG_PICTURE

あたりはどんどん暗くなってきましたが、おかまいなしで出発です。
 

Exif_JPEG_PICTURE

けっこう波が強く、しかも風もとても冷たく、同乗者は皆ほぼ無言。まるで密入国してるような、船上はなかなか重苦しい空気です(苦笑)。
 

でも、そんな雰囲気になってしまうのもわかる気が。

ボートに乗っている大半は観光客で、おそらくここの渡し船に乗るのも初めて。手続き自体は簡単なのだけど、あまりに突然の出来事に加えて、この闇の中。自分だけ置いていかれやしないかと、かなり不安に襲われるんですよね…。
 

Exif_JPEG_PICTURE

そんな、あまり心地よくはない雰囲気の中、無事対岸に着くと、小さな村の船着き場で降ろされました。
 

Exif_JPEG_PICTURE

かなり薄暗い&寒い中で、30分ほど待機。私たちよりもバスが対岸に到着する方が、圧倒的に遅いのです…。
 

結果、バスも無事到着し、待ってました言わんばかりに皆、我れ先にと乗車。対岸で一度降ろされてから、こうして再びバスに乗り込むまで、なんとトータルで1時間弱。その間、進んだ距離はわずか500m!

観光客の動線を考えれば、この区間は相当な交通量だろうに、橋は架けないのだろうか…いや、架けられないのか…。 “南米の最貧国”とよばれるボリビアの旅は、想像を遥かに超える出来事に直面しそうな予感です。
 

そんなこんなで、早速翻弄され続けた、ボリビアの初日。

copacabana_49

明らかにペルーよりも警戒せざるを得ない空気が漂う、PM10:00のラ・パスに到着したのでした。

________________________





2 thoughts on “【 3カ国目】ボリビアに到着しました!

  1. あや、すっかり元気そうだね!

    いつも楽しく拝見しているー^-^

    切替え力、いいね!!!

    ひきつづきご安全に☆

    • ゆみ

      いつも、見守ってくれていてありがとう♪

      すっかり元気になりました。

      そんなこんなで…ますます?切替力が身に付きました♪

      そして、高地ですぐに息があがるたび、

      日本での“呼吸のし易さ”に有り難さを感じます〜^^

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。