post

お菓子のレシピや物語で、丁寧なくらしを創る “パティシエールの、くらしの手帖”


実は、2020年はじまってすぐから(そう、あのウイルスが猛威をふるう前から…)妄想を膨らまし、ぐるぐると構想を練っていた、オンラインサロン「OYATSU Salon」、ついに本日(2020/11/16)開設されました!
 

「OYATSU Salon」(DMMオンラインサロン)
https://lounge.dmm.com/detail/2576/


正式にお知らせをできるようになるまで、とてつもなく長い月日がかかりましたが、この数ヶ月で(いまも尚ですが)世の中で起きていること、自分の身に起きていることが、むしろ全て良い意味でこの「OYATSU Salon」のエネルギーに変わると信じて、いまこのタイミングになりますが、あたらしいことに挑戦します。

そして所信表明の意味も込めて、なぜオンラインサロンという舞台を選んだのかを、ブログにも綴っておきたいと思います。

******

onlinesalon_01

世界一周の旅を経て生まれた、お菓子ブランド「SEKAI NO OYATSU」も、スタートして早3年。その中で最も大切にしてきたテーマのひとつが、“パティシエールの、新しい働き方を創る”ことでした。

フランス語で「パティシエール」は、パティシエの女性形。体育会系(!?)の製菓の世界では、結婚・妊娠・出産を契機に、泣く泣く辞めていく同僚を間近にみてきました。

「プロとして、ずっとパティシエールであり続けたい」。そう考えたとき、私が必要だと考えたのは、お菓子を黙々と作り続ける働き方からの脱却でした。

onlinesalon_02

パティシエがもっている「職能」は、お菓子を作る技術だけではありません。語り尽くせないお菓子の物語、そこから学んだ、くらしを豊かにするための知恵・・・・

おそらくそれは、厨房に閉じこもって、お菓子を作り続けているだけでは、なかなか外には伝わらなくて。でもきっと、多くの人に喜びや幸せを提供できる価値だということは信じていて。

だから、パティシエの職能を磨き続けるのは当然のことながら、パティシエの「職域」も広げなければ、“パティシエール”である自分はきっと、納得するカタチでパティシエを続けていくことはできないだろうと考えてきました。

onlinesalon_03

「SEKAI NO OYATSU」で、パティスリーやカフェといった店舗型営業を選択せず、お菓子ブランドとして始めたのも、これが理由です。

パティシエだからこそ知り得る「お菓子の物語」の付加価値を、より鮮明に表現することによって、旅×お菓子、まちづくり×お菓子、ファッション×お菓子…など、あえて異業種とコラボレーションしながら、商品開発やプロデュースなどのお仕事に注力してきました。

しかし、この働き方は、どうしても法人との関係に終始してしまうのも事実。パティシエールの新しい働き方のその先に、「丁寧なくらしを創る」というビジョンを掲げている以上、“個と個がつながる場”が必要だということは、ずっと考え続けてきました。

ただ、それは決して、お菓子を「売る⇄買う」、「パティシエ⇄お客様」の関係ではなく、丁寧なくらしを一緒に創り上げていくための、コミュニティであるべきだとも考えていました。

onlinesalon_04

実際に私は今、パティシエであるとともに、妻であり、一児(来春には二児の!?)の母でもあります。

このパティシールの現実を、理想を、人生を、包み隠すことなく、そしてあくまでも「丁寧なくらしを創る」ことを目標に、楽しさや葛藤も含めて、みんなとわかち合いたい。なによりも、自分自身がパティシエであり続けるために。

そんな想いで、この「OYATSU salon」を始めることを決めました。


・・・と、改めての自己紹介も兼ねて、思い切って暑苦しい想いも綴りましたが・笑、シンプルに、お菓子のレシピや物語をきっかけに、みなさんと丁寧なくらし創りを楽しんでいければと思っています。

RECIPE(レシピ)、JAM(ジャム)、BOOK(ブック)など、オンラインサロンの活動内容は、↓DMMオンラインサロンのページにまとめています。

onlinesalon_05

「OYATSU Salon」(DMMオンラインサロン)
https://lounge.dmm.com/detail/2576/


パティシエールの、くらしの手帖 「OYATSU Salon」、どうぞよろしくお願い致します!

あや

________________________


*世界一周の旅を経て、
お菓子ブランドをスタート!




2 thoughts on “パティシエール・鈴木文のオンラインサロン、「OYATSU Salon」はじまりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。