post

南仏・プロヴァンスならではの、ヘルシーな “カリカリ” 郷土菓子♪


一年を通して温暖で、乳製品の生産が少ないプロヴァンス地方では、バターや生クリームを使った郷土菓子はあまり見かけず、その分、シンプルな焼き菓子のラインナップが豊富です。

dsc_0344-1024x680

前回は、船のカタチをした “お守り郷土菓子”「Navettes/ナヴェット」を紹介しましたが、注目した焼き菓子はもう一つあります!

dsc_0373

それがこちらの「Croquants/クロッカン」。フランス語の “カリっとした” という言葉が、そのままお菓子の名前なっています。

中身は主にアーモンドを使用するため、正式には「Croquants aux amandes/クロッカン・オ・ザマンド」という名前が付いています。(「Amande」= アーモンド )

dsc_0384

アーモンド以外に使われている材料は、いたってシンプルで、基本的には小麦粉、砂糖(ハチミツ)、卵の3つ。

しかし、種類はとっても豊富で、やはりプロヴァンス地方特産のフルーツが、そのバリエーションを広げるのに大いに貢献しています。

dsc_0364

迷いに迷って今回は、デーツはちみつ&レーズンオレンジピールチョコ&オレンジ……の4種類を購入〜♪( 100g €3.60 ≒¥443 )

dsc_0381

その名のとおり、カリカリとした歯応えのクロッカンは、噛めば噛むほど味が出て、ついつい癖になる美味しさ! ほろ苦さと甘さを合わせもった、プロヴァンスの香ばしいアーモンドも効いています♪

ちなみに、イタリア発祥のお菓子・ビスコッティのように、日が経つ毎に硬くなっていくので、ドリンクにディップして食べるという楽しみ方もあるのだとか。

dsc_0463

なによりも驚くべきは、バター不使用の焼き菓子にも関わらず、ここまで豊かな美味しさを保っていられるということ!

身体にやさしく、でも、おいしく食べられるヘルシースイーツのクロッカンは、まさに南仏・プロヴァンス地方ならではの郷土菓子でした♪

あや
 


【今回「Croquants/クロッカン」を購入したお店はコチラ】

dsc_0845_filtered-1024x682

ル・パニエ・プロヴァンサル/Le Panier Provençal
住所:Place pie, 84000 Avignon, France(「Les Halles」というマルシェ内にあります)
HP:http://www.avignon-leshalles.com/


________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



One thought on “*世界の郷土菓子* フランスの「Croquants/クロッカン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。