post

「旅をシゴトに」しながら、“ドロップアウト”ではなく“キャリアアップ”の旅を


旅先でシゴトをする事で、報酬としてリターンを受け取りながら旅する事ができる、旅人と企業をつなぐマッチングサイトSAGOJO(サゴジョー)

4.36.29

その旅人求人サイトSAGOJO(サゴジョー)に、コラムを寄稿しました。

「旅をシゴトに」しながら、社会的に“ドロップアウト”するのではなく、いかに“キャリアアップ”の旅を実現させるか…というテーマで書いています。
 

4.42.22

旅の社会的価値を上げるために。「旅するパティシエ, 旅する本屋」に聞く、“キャリアアップの旅”


******

最近では、時間や場所に捉われない、いわゆるノマドな働き方をする人が増えてきました。

そんな中にあって、「旅人=自由人」という方程式が世間で定着しているためか、悠々自適のシンボルとして「旅」は、ノマドワーカーのセルフプロデュースにおける、人気コピーのひとつとなっています。

「世界を旅する◯◯◯」…みたいなキャッチコピー、きっとよく目にすると思います。


しかしそこで、曖昧にされている気がするのは、彼らの多くはあくまでも「シゴトをしながら旅」しているのであって、「旅をシゴトに」しているわけではないということ。

「シゴトをしながら旅」だってもちろん悪くはないけど、甘いキャッチコピーに誘われて、その違いすら認識せぬまま、旅人が自由人の後追いをするのは、なんだかとっても寂しい気がしています。


心の底から旅が好きな人というのは、自由になりたくて旅してるわけではないと思うので。

そして、旅を文化にまで昇華させるには、自由人ではない、旅人が必要だと思うので。


そんな旅人にとっては、テクニック論以前に、甘いキャッチコピーに惑わされない、なによりも「旅をシゴトに」するためのマインドセットが、最も大事なのではないか?

まだまだ道半ばのくせに、そんなことを考えながら、“キャリアアップの旅”をコラムとして綴ってみました。

4.42.22

旅の社会的価値を上げるために。「旅するパティシエ, 旅する本屋」に聞く、“キャリアアップの旅”


******

ライトな旅好きから、ディープな旅好きまで、読んで頂ければ幸いです!

ひでつぐ

________________________


\世界一周を終え、カフェをopen/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。