post

『KitchHike MAGAZINE』連載、フランス 授業編のPart.2が公開!

前回のニュースでは、KitchHike MAGAZINE連載 “世界一周!郷土菓子レッスン〜授業編〜”で、フランスの記事が配信されたことをお知らせしました。

そして今日は、Part.2の記事も公開されました!…のお知らせです。
 

【“旅するパティシエ” 世界一周!郷土菓子レッスンの旅】
https://blog.kitchhike.com/tabisurupatissier-spain2/

DSC001


前編で綴ったとおり、フランス北東部、ドイツとの国境沿い位置するアルザス=ロレーヌ地方に降り立った私たち。

その中でも、真の実力派パティスリーだけ集まるという、アルザス地域圏の首府・ストラスブールにやって来たのですが、なんとこの街が誇る名店「クリスチャン」で、突撃取材に成功…!


まさかスイーツ王国・フランスで、「現地で、現地の人々と、一緒に郷土菓子を作る」取材ができるなんて思ってもみなかったので、厨房に一歩足を踏み入れただけで、感動のあまり卒倒しそうになりました(笑

後編ではいよいよ、アルザス=ロレーヌ地方生まれの郷土菓子「Visitandine/ヴィジタンディーヌ」作りの様子を、レシピと共にレポート!

18DSC_0185

「伝統をただ継承するのではなく、常に理由を考え、探求し、そして進化し続けることが大切。」

ストラスブールを代表するシェフから頂いたこの言葉で、フランスがなぜスイーツ王国であり続けるのか、わかったような気がします。

“世界一周!郷土菓子レッスン〜授業編〜”、後編もぜひご覧下さい♪

あや

________________________





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。